梵玉日記



朝焼け

誤魔化してきた事実は
何度でも明るみとなり
認めるか 認めないか
どちらかを選ぶ。
正解は用意されておらず
ただ 選ぶだけだ。

ここに行けば幸せに暮らせる とか
この人といれば 笑って過ごせる とか
まあ 最初はそうかもしれないけど
結局さいごは心に突きつけられるわけで。

今日は冷たい雨がしとしと降り続いて
足の美容室に来たお客さんは
だいたい目をつぶって 瞑想したり
眠りに落ちていた。

猫だって雨の日は丸くなって眠るように
ひとも何も考えずに
気圧に押しつぶされている日も必要だろう。
[PR]
# by bontama | 2017-10-06 22:29 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

自然は遠く

知人の初孫
生後1ヶ月の赤ん坊をだっこさせてもらって
腕のなか すやすや眠るのを
不思議に眺めていた。

ついぞ母性は目覚めなかったが
たくましい、けど か弱い赤ん坊を
一生懸命見つめた。

窮屈なのは
家庭が 仕事が という小さい話ではなく
地球が 宇宙がものすごいエネルギーで
生きているのに
くだらない話題に暇をつぶし
社会という箱に自ら閉じ込め
街という幻影をさ迷い
お金というバーチャルに踊らされ
今どこかで鹿が鳴くのを
見逃すことが
耐えられない。

生まれた存在を久々に見たら
窮屈が耐えられなく感じた。

[PR]
# by bontama | 2017-10-06 00:54 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

内省の秋

好きなことを 好きなようにやる と
傲慢そのものの生活をおくりながら
晴れない心をどうしたらよいのか
それとも
人生には太陽ばかりじゃなくて
雲もたちこめているものなのか。

反省もまた 傲慢なのかもしれない。
かといって
自分が正しいのだ と胸も張れない。

ただ おぼろげに意思を確認しながら
自分で決めていくしかない。
誰のせいでもなくて
自分が望むことを。

読書して 三味線弾いて
料理して
友人と語らって
人が生きるのに
一番大事なものは何なのかしら。

a0039320_00403542.jpg

[PR]
# by bontama | 2017-10-04 00:39 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

重なりあうナッシング

あっちへ こっちへ
ずっと前に願ったこと。
留まることなく 流れ続けることが
生きている実感なのだったら
澱みから清流へ 沈殿から上昇して
またおちて 円を描きながらあがるだけ。

自分でも計りかねる気持ちがある。
腑に落ちずに 途中でチクチク刺すものを
無理に名づけることはせずに
それがあることだけを見つめよう。

すべてには熟すときがあるみたいだから
その時がきたら
やっぱりね と思うのだろう。
[PR]
# by bontama | 2017-09-28 22:12 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

なんだかすっきり

突然 ふと心の電池が切れるとき
からだもオフのスイッチが入って
そんなとき
何かがわかったりする。

人間関係について
家族とか 恋人とか 友達とか
ビジネスパートナーとか
確約することに こだわって
見失うものがある。

瞬間 瞬間 心に浮かんだ人が
今 必要な人なのであり
結果として続いたり 離れたりするのを
心配することはないのだと。

カタチに支配される必要はなく
だからこそ
人を感じて 縁を結ぶことに
運命を賭さないといけないのだと。

snsで 増えていく「友達」。
ここは所詮バーチャルだから
遊んだらいい。
だけど
ここに人生を費やすのは
最小限にしよう。
眉唾の情報に煩うよりも
秋の木の実を拾いにいきたい。

スゴロクは今日はボールペンで満足。
a0039320_23015917.jpg

[PR]
# by bontama | 2017-09-26 22:43 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

知らない町に行ってみたい

疲れているけど 動いてしまう
人の流れがすごい 今年は。
休む間も惜しいぐらい。

だけど
秋はひとりで 耽りたい
ほんとうは。

ご縁のある人というのは
会った瞬間 お互いにうれしい空気で
満たされて
あたりがキラキラ光る。
それも 最近わかる。

そうではなくて
心がざわつく時は 逃げるとか
拒否するとか
自分の身を守るべきだ。

心が疲れてしまうと 好きなことをする
エネルギーが失われてしまう。
だから
何度もわかっているはずでも
心の枷を外して
いい人というレッテルを剥がして
それが本当にまわりの人たちを
心地よくするという道を模索して

本当に本当の 美しい人生を全うできるように
堂々巡り
秋の夜長。
[PR]
# by bontama | 2017-09-24 00:42 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(2)

ノンストップ一日

おにぎり食べながら移動
バッグの底に見つけたお菓子食べながら
次の場所に移動して
その次は 一瞬コーヒータイムして
自分のお店に移動
爪切りと 日舞の先生と やって
買い物して帰る
というような きれいに流れた一日。

みんなといっぱい大事な話もした。

どんな人生がいいかというと
危機感があって 何かが足らない ぐらいの
生活。満たされると 人間は
旅をやめてしまうから。

安住の罠よりも
不安定の安定に 自由をみつけるなぁ。
でも 結局は 人それぞれで
自分で決めるということが 何より大事なんだ。

半期に一度の禅タロット。
期は熟している。自分を開いて
やさしい人 という殻さえ
脱いで捨てたらいい。

身についた イメージを期待されることに
noと言って

突破したい。
[PR]
# by bontama | 2017-09-21 00:05 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

根元を押さえていると楽

台風が近づいているわりに
気圧に押されず 心が平安なのは
魂が一部木に括られたみたいに
枝を見つけたからかもしれない。

自由すぎることも また別の束縛なのだ。

自然との調和を考える。
からだ 心
美しくあるのか。
怠惰を律する 意志はあるのか
あたりの空気を乱さずにいられる
しなやかな体幹と。

ようやく夏の気絶から
覚醒の秋へ。
a0039320_00363968.jpg

[PR]
# by bontama | 2017-09-16 01:21 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

ややこしいからなんだ

押したり引いたりしながら
自分の立ってる位置なんて
もはやどこだっていい。

うつくしい風景があって
思慮深く 素朴な言葉があって
はたらく肉体があって
大地から栄養をいただき
感謝して
分かち合って
ほかに何か大事なことがあるのかしら。

人を型にはめる罠はどこにでもあるし
何度もなぜを繰り返す思考を
楽しんでいた時間は 生産性と置き換えられて

だから 拮抗するというよりは
とぼけるのだ。
期待に応えるのでなく
期待させないことだし

わかってないことを
わかったふりするなんて
人のためにならないのだなぁ。

と、にゃんこに同意を求める。
a0039320_00002554.jpg

[PR]
# by bontama | 2017-09-09 23:42 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

ダイナミズムの変革

いつもと違うことをしてみたら
ダイナミズムの質が変わることを
実感してみる。

昼下がり 友達とショッピングとランチ
洋服選んでもらったり なんて
今まで人生にほとんどなかったし

夜にクッキーを焼くのも10年ぶりぐらい

明日は5時半に起きて
とある交流会へ

愛しい先人たちの屍の上に
時代が芽生えていく。
とらわれて過去に生きるよりも
代謝して違う養分にしてもいいのじゃないか。

身軽に この世に負うとしたら
愚かな人間の浅知恵の末路。
a0039320_22450162.jpg

[PR]
# by bontama | 2017-09-07 22:39 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)


生き方と自然のつながりを考えるぼんたまの日記
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧