梵玉日記



大事なのはハラとコシ

昨日は自分が踊り
今日は人に教え そして観た。

意味を見出だせないときもあったし
お金の工面がきついときもあったし
だけど 踊りを続けてきてよかった。
今年で15年。

好きな踊りを通じての出会いは
本当に素敵で
終わりのない探究
いつだって未熟な自分が見える。

だから 腹を据えて人生を賭け
腰が軽いのや 浮いてるのはだめなんだ。
今日は橘劇団を観に行って
橘大五郎さんの凛として明るい姿を
腰が深くて 美しい踊りを
心底ため息をもって羨望した。
泥の中から花は咲く。
a0039320_01574370.jpg

[PR]
# by bontama | 2018-01-22 01:44 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

1月 ゆっくり滑り出す

早春は早く経つとはいうけれど
何をやっていたかな

今のところ 流れは悪くない
2ヶ月ぶりにあった友人と
仕事の話 するするとタイミングを得て
もちろん商売をやるかぎり
利益をださないといけないが
儲けるだけの目的ではなく
いい仕事がしたいのだ ということで

これから本気の仲間探し。
ひとりでは限界がある。
しなやかで折れない生活を。

お金の使い方を考えるべきだし
しあわせについて
幻想と既成概念を捨てて
ちゃんと取り組む。

明日は踊り!
a0039320_23100723.jpeg

[PR]
# by bontama | 2018-01-19 22:58 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

商売の神

仕事して
エステのモニター 心地よくうたた寝して
十日戎をひやかして
仕事場の整理。
すべての物には住所があるって
直す場所が決まっていれば
散らからないのだと。

お正月から 読書のくせがついたのが
今年に入ってよかったこと。
画像や映像ばかりに全身の神経もっていかれて
ナマの想像力 思想を 分泌を退化させてしまう。

大阪のおまつりは 男性主体で
拝金主義で馴染まない。
今宮のえべっさん
きらきらしい福娘たちは遊女の顔見せばりに
物色され
元・福娘たちも頑張っています!と
しかも権威主義かいな。

これも何かのエネルギーではあるが
祈りと欲望はちがうものだ
と思う。
[PR]
# by bontama | 2018-01-11 01:04 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

言わないということは難しい。それがいいことなのかも

変な世の中だな。
屁理屈を2転3転していたら
なんの議論だったか わからなくなったり
アクセス不可能な小さな世界をたくさん作っては
病的なヒーローやヒロインを祭り上げて

仲間がいるよ、楽しいよ
それが素直で明るいということなのかしら。

それだけ社会は劣化してしまったのか。
奈良時代の仏像をつくるだけの
憂う心や美しい陰はもうないのか。

世界を狭くしすぎてしまった感。
新年から
頭がパンパンだわ!

何かが引っかかって
思考が鈍く重い。

先日普茶料理というものをいただいた
中国から伝わった精進料理。
小さな皿や椀の中に
広い世界が広がって しあわせだった。
シンプルかつ 細心の配慮。
そして能書きはなかった。
a0039320_00433661.jpg

[PR]
# by bontama | 2018-01-10 00:06 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

2018 兆し

新年早々 縁起が悪いと言われても仕方がないが
死ぬ場所と 死ぬ時期を考えて暮らすことを
大事にしよう。
すなわち 大事に生きること。

病気や事故 何が起こるかはわからないが
なるべく自分の最期を支配されたり
モノのように扱われたくない。

テレビで誰かが言っていたのだ
心象や心のなんとかとしてではなく
野狐のように風景を見たいのだと。
まさにそう在りたいと思う。

帰省のかえり、久々に広島の平和記念公園に寄り
時間をすごした。
原爆ドーム 記憶や追憶が霞みそうなのを
細々と人が繋いでいる。
しばらく近くに腰をおろすと
当時の人たちのどよめき わたしたち 死ぬの?
という驚きが想像され
紛れもなく その上を踏み立っている今を
楽観できるわけもなく 悲しくなった。

けれどただ悔いて暮らすのも 意味がなく
今日は知人と会食しながら
笑う門には福来る
あれもこれも踏まえて
希望を育てることに
生きる場を求めようと
新年の決意。
a0039320_22213914.jpg

[PR]
# by bontama | 2018-01-08 22:06 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

新しい年

力強く感じている 年明け。
あやふやにではなく 何がほしいかを見極める。
誰かを気遣うことも 忘れてはいけないが
自分の方向を示さなければ
譲り合って 無駄にエネルギーを使ってしまうよりは。

年末に悟ったのは
老後はない という考え方。
時間やお金をもて余すことが
しあわせではないことを学んできた。

危機感と 小さな食卓と 友人たちと
情熱があれば
死ぬその日まで 必死で生きれないかしら。

年金や貯蓄や老人ホームの一時金を心配する前に
大事な生の時間を奪われることのほうが
こわいことのように思える。
だからといって 芯のない気楽さも危険だし。

せめて野生の心で 探り 感じ
足掻いて ときに風をいつまでも見つめて
だんだん そうありたい 在り方が
定まってきた。自分だけのオリジナルな人生を。
a0039320_21534252.png

[PR]
# by bontama | 2018-01-01 21:40 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

虹が暗雲をまたいで架かる

今日はかなり久しぶりの完全オフ。
掃除も 食事も 買い物も 用事も置いて
とにかく寝て 寝た。

昨日は昼に踊り 夜に踊り 合間に仕事も。
さすがに足が重くて 心地いい 肉体疲労。

昨日共演のマリイさんが スーツケースに
きちんきちんと化粧道具や衣装を詰めるのを感心していたら
次の仕事に障るから その都度ちゃんとしておく癖になっていると。

丸めて突っ込んで あとから片付けよう
というのは 自分の生活でも限界がきた。
本当に生きるという意味で
次に備えて準備するという緊張感が
なかった生き方が見えてくる。

クリスマスといえど いつもの一日。
特別な日は 自分が決めたらいいのだ。
a0039320_23255881.jpg

[PR]
# by bontama | 2017-12-25 23:13 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

今年はフェードアウト

年末にむかって
力が抜けてきている。
もう じたばたしたって仕方がない。

歳末たすけあい ってよく言ったもんで
あるとこと ないとこが うまく折り合ったら
いいよね。

与えることは いただくことだし
与えられることは あげることでもあり
どちらの立場だっていいから
卑屈でなく 高慢でなければ。

寂しい夜は
かみしめて

今日は休みだったはずが
結局夜更けまではたらいた。走って。
お金儲けが楽しいっていったら変だけど
何が儲けで 何が損なのか
数字じゃなくて 人とか 幸福の質を
見極めることが 楽しく
稼いだら 使うのがいいのかもね。
社会で生きるお金を。

さつまいもとリンゴを煮ておやつにする。
絵本の中みたい
さんざんネットショップの売り文句考えたあとに。
a0039320_00144030.jpg

[PR]
# by bontama | 2017-12-21 00:02 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

精神衰弱

あぁ もう頭の中がぱんぱんに詰まって
限界を超えている。

行きたかったライブもイベントも
ゆびの間を通り抜けて
今は無に帰さないと
感動とか 興奮とか
そこにないことがわかっているから。

魂を取り戻すのが先決。

昨日は友人と朝の小冒険。
車は 修験道の聖地にたどり着き
深呼吸。細胞がぷちぷち喜び
肺の奥まで霊気が届いた。

今日はたまたま知人の喫茶店に
気功の先生がスタンバイされていたから
頭に気を送ってもらう。
状態が悪すぎて うっすら感じるものの
根っこに届いた感じがしなかった。
でも しないよりはましで。

頭の奥がしびれたまま
多くのことが謎なまま
暮れていく。

白黒つかなくっても
よしとしよう。
a0039320_00482900.jpg

[PR]
# by bontama | 2017-12-12 00:35 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

燃料切れた

調子がよくて ブイブイ飛ばしていたら
仕事のポカ未遂
車はぶつけるし
疲労で急に身体が動かなくなる など
末期症状続々。

きちんと休みましょう
ということ。

なあなあで 中途半端は余計だめで
とかいって 入る余地のない
がんばりも良くはない。

気が晴れないまま
霞がかかったまま
行くのか。

はたまた 全部ぶったぎって
新たな代謝をはじめるのか。

あるいは、同時で。


今日は早く寝よう。
[PR]
# by bontama | 2017-12-07 22:12 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)


生き方と自然のつながりを考えるぼんたまの日記
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧