梵玉日記



適性をかんがえた

あさやんと 奈良にある「わたしの仕事館」に行った。
ずいぶん広くて 贅沢な施設で
仕事のシュミレーションや 体験 コンピュータによる適性チェック
ハローワークのような施設ではないのだけれど。

コンピュータによる判定の結果
あさやんは「おはなしラビちゃん」で
ボンタマは「ぽかぽかタイプ」だった。

装置がいろいろあって やたら広くて
何がわかったかと言われると 言葉に詰まるけれど
なんだか楽しい一日だった。

サラリーマンマネキンは 無言だった。
a0039320_21521061.jpg
[PR]
# by bontama | 2006-03-22 21:45 | 梵玉日記 | Trackback(1) | Comments(0)

少年といなか

ふるさとへ帰った。

a0039320_21152528.jpg今回いつもと違うのは 6歳の甥がひとりで飛行機に乗って合流する
というので 空港で彼を出迎えて一緒に向かったことだ。
人ごみの向こうから やや緊張した面持ちのこども。
ようやく 笑顔になって近づいてきた。

甥は自分のことを「少年」と呼んだ。
何食べる?たこ焼き。  長い道のりを電車に乗って家に着く。


a0039320_21182625.jpga0039320_21184263.jpg
実家の母の趣味に付き合う。
仲間とつくったという空間には 小さなお雛様やら桜 着物を着たカエル
かわいらしいものが溢れていて 童心にカエル。


夜 少年に本を朗読する。3匹のクマ 銀河鉄道の夜  親がいなくて寂しいと
泣きそうな顔をして眠りに落ちる少年を 切ないオモイで見届ける。
育つということは 寂しさを受け入れていくことなのだろうか?

父と母と少年と 山へ行き 花を見て 風景を見て また山を下りた。
物言わぬ父と 話続ける母のバランスを考えながら。

そして 母のハイセンス。
a0039320_2121208.jpg

[PR]
# by bontama | 2006-03-21 20:53 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

さむーい

最近小さなゴタゴタあったりして それが落ちついて ホッと息をついた1日。
午前中 翻訳の宿題がおわる。
むすびの今年度の収支決算の下準備もできたし
外で昼食してから 車で走っていると どんどん走って ちょっと遠くまで来てしまった。
雨は降るし 大型ショッピングセンターがあったので雨宿りする。

久々にこんなところに来たので 疲れてしまって ベンチに座り込んで考えた。
こんな平日に 奈良の小さな町に こんだけ多くの人が ガンガン買物してるって・・・
どういうことなんだ。 平和? 浪費? 交流のない大勢の人々が集まっている。

ベンチでぼんやり考えていると 初老のおじいさんにナンパされてしまった。
目的をもって 生きなさい。ココロの中で彼にそう言った。
「もうじき 彼がくるから・・・」 嘘だけど じじいは焦って逃げていった。

さみしい人たち どうしたらええのかな。




 
[PR]
# by bontama | 2006-03-16 22:22 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(2)

希望の窓辺

大阪・釜ヶ崎で生きてきたという74歳のおじいさんが
お部屋に招待してくれた。

6畳間に小さなキッチンとトイレのついた部屋。
一応独身男性のお部屋なので 遠慮しつつ入ると
大根の端切れ 調味料たくさん ヘルパーさんが掃除・洗濯してくれるのもあり
清潔で 小さな生活が息づいていた。

にぎやかな色が見えたので 窓を開けてみる。
彼が手入れしたという 色とりどりの花の鉢がズラリ並んでいて
見事に完璧に 花を咲かせていた。

人生に花を。この世に色彩を忘れない 
おじいさんの花にすっかり感服してしまった。
[PR]
# by bontama | 2006-03-10 18:41 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

着物のココロ

きららちゃんと船場に行った。

着物屋さんがいっぱい。 いっぱいの中でも 目を惹くキモノ。足を止めるお店。
美しい 美しい 昔のキモノを見て ココロなごむ。

シュークリームとお茶まで ごちそうしてくださったお店で
店長さんが 思いのたけをぶつけてくれたり
互いの身の上を話したり キモノ談議に花が咲いて
花吹雪と化した。

かえり なないろ姉妹は エネルギー源をケーキで補給した。
偶然入った イケメン喫茶で 女の子たちのはしゃぐ声を聞きながら
今日1日の出会いに うっとりと溜息をつくのであった。
a0039320_1825289.jpg

[PR]
# by bontama | 2006-03-09 22:18 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

ひゃー きれい

車で20分ぐらいのところに いい公園があるので
やはり前から気になっていたという友人とでかけた。

広い広い公園で ちょうど梅が咲き始めて
空気が甘く 香っている。

話をしながらテクテク歩いたり 空をながめたりして
ずいぶんと長い時間が経っていることに気づいた。

梅の花びらや つぼみは丸くてかわいい。
清廉な香りも 強烈に春を告げる役目を果たして。

さいきん 夢ばかり見て 眠りが浅い 春眠。

a0039320_1905895.jpg
 
[PR]
# by bontama | 2006-03-05 18:56 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

あたたかさ

幸せを感じるときは
誰かと感じのよい会話を交わしたとか 誰かと何かを成し遂げたとか
誰かとの間に肯定的な感情が走ったとか

 誰かと誰か

人の間にぬくもりがあるのだろう。
むずかしいことは置いといて
感じることを大切にしたい。

生きる方法を考えたいのに
生きる姿勢ばかりを考えちゃう
月が満ちていくころ。
[PR]
# by bontama | 2006-03-04 22:23 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

そこそこのスピード感

忙しさが目の前に迫ってきて グルグル回ってしまうとき
夜眠る前に ココロがドキドキしてしまうようなとき

「なんとかなるさ~」と言い切れなかったときは
渦に飛び込んでハイテンションにならないとやっていられない。
「やったるで~!」と・・・

スローに生きたい。でも そうしてブレーキばかり踏むのもしんどいものだ。
また目の前が ぐるぐるしてきた最近。
何がしたいのかわからない最近。 ちょっと何かが変わったのかも。
「ぼんたまさんは 何がしたいの?」
聞かれて 痛いツボにグッサリ刺さったり。

今ちょっと わからないの。
でも 当たり前に生きていきたい。
できるならば 平和に 自然に。

コッコちゃんは「それでいいんじゃない」とぼんたまをまた甘やかした。
a0039320_21523299.jpg

[PR]
# by bontama | 2006-03-02 21:54 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

木のバウム



a0039320_10401843.jpg久しぶりの里山の学校。

朝は山で木を倒す実習をした。木の種類 用途 木を使うということ
そして 木を倒す向き 危険 方法

7メートルぐらいのコナラを切った。
年輪がみえる その木がどのように生きてきたかの証。

1m幅に切っても 重い重い木。しかも急斜面をずいぶん登ったところだったので
林業の仕事のハードさをうかがい知る。

午後はうってかわって 薪を燃やして アウトドアクッキング。
竹を軸にしてバウムクーヘンをつくる。1Mもある幅なので
2人がかりで クルクル回しながら 層を重ねていく。

他にもパン窯でパンを焼いたりして 冬の一日を外で過ごした。
木のぬくもり たしかに木を燃やすということが生活から消えてしまっている。
[PR]
# by bontama | 2006-02-20 10:41 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

おっちゃんの力

狭い道で車庫入れをしようとしたとき 突然ガクーン!と車輪がみぞに落ちた。

ひっ ひえー

JAFを呼ばなければならぬのか? ジャッキもないし・・・
などと 頭が真っ白になっていたら
どこからともなく 初老のおっちゃんが2人駆けつけてきて

前の家の廃材の板をタイヤと溝の間にさっと あてがって
車を誘導してくれるではないか。

そして数分後 なんなく脱出を遂げた ぼんたま号(涙)。
おっちゃんたちの機転のよさに とにかく感動しながら
これがさみしーい新興住宅地で起こっていたらどうなっていたか・・・
と震えるのだった。
[PR]
# by bontama | 2006-02-18 10:10 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)


生き方と自然のつながりを考えるぼんたまの日記
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧