梵玉日記



<   2016年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧


冬がくる

10月の末

近年席巻しているハロウィンがきらいだ。
農作物への感謝もなく
(そもそもオレンジの巨大カボチャは食用でない)
家族の集いでもなく
バレンタインデーほど
パーソナルでもなく

こどもたちのオバケの扮装は
アホな大人たちのコスプレにとって替わり
消費型(衣装を手作りする人がどれほどいるか)で
集団心理型で
ワクワクしない。

西成。終わりかけたフウセンカズラのプランターに
目の腫れ上がった子猫が眠る。
冬が越せるかしら。
a0039320_23495373.jpg

[PR]
by bontama | 2016-10-29 23:40 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

秋の薔薇

先日は知人の還暦の会で
今日は地元の文化祭で 踊る。

踊る機会も増えている。
もちろん仕事もちゃんとやりながら。

むすびも 先日の喫茶店公演をして
あらためて すごいと思った。
近所のおっちゃんおばちゃんも
ひきこもりの青年も 認知症のおばあちゃんも
旧知のファンも 初めての訪問者も
ステージの出演者も
みんな笑って 力を出して
希望のスイッチが カチリと入る。

自然に身を置きたいと常に望むのは
そこが野放図だからではなく
秩序に守られているからだ。

秩序といったって
国家権力とかに支配されるための
陳腐な決まりごとではなく

日が登り沈むとか
葉が落ちて 虫や微生物に分解され土になるだとか
水が山から集まり海に注ぐだとか

壮大な秩序のことだ。

秋の薔薇が小さく二輪の花をつけた。
a0039320_21485749.jpg

[PR]
by bontama | 2016-10-23 21:34 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

気持ちがいいほどに

やることが満載で
ちょっとの隙間も埋まっていく。

何がそんなに忙しいの?

聞かれても エート エート、、、

仕事だけでもない
イベントの企画も
むすびの元メンバーの見守りもある
仕事の仕込みもたまってるし
踊りの振り付けも覚えなきゃだし
着物も準備しなきゃだし

今日は神様からの贈り物か
海老蔵さんと獅童さんの歌舞伎を観て

毎日が代えがたく過ぎていること
必要とされたり 自分にしかできないこと
うれしくて ありがたくて

のんびりがモットーだった梵玉
フル活動~

a0039320_01402278.jpg
帰ったらスゴロクとも遊ぶ。
いつもお留守番ありがとう!
[PR]
by bontama | 2016-10-20 01:32 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

今日は気持ちをきりっとして

信じるということは崇高か 愚かか
でも 心をきゅっと握りしめて
信じる というより 祈る。

悪いほうに考えたほうが
悲劇のヒロインで泣いてるほうが
はるかに楽だということ。

何かが作用して 人生はつくられていく。
体がきついなと思うほど 動いても
うれしい便り うれしいお誘い
崩れる暇もなく。

疲労から回復させるものは
自分だけの風景。
a0039320_00534512.jpg
a0039320_00544889.jpg

[PR]
by bontama | 2016-10-18 00:25 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

里帰り

クイックではあるが 今年4度目の里帰り。
今回はお墓参りがてら 松江へ。

遊覧船に揺られて、鳥や亀に木々に水に
あぁ きれいだな。
これらに代わるものを
人工化しすぎた都市で
見つけることはむずかしい。

おかしい ってことがわからなくなるなんて。

睡眠 栄養 心のこもった何か。

時間 お金 他人 そんなものより
a0039320_00014341.jpg

燃える夕陽!
a0039320_00024704.jpg

[PR]
by bontama | 2016-10-15 23:52 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

物憂い 湿秋

いまだに昼間クーラーをつけている
汗をかく
湿気

秋の乾いた空気を吸い込みたいカラダが
焦れて 哀しく
なぜだか心がちくちく傷む。

今日の足の美容室は
ご近所さん中心に満員御礼で
浮かない心も救われた。

人と人が交差する
どんな小さな場所でも
名乗りを上げて
意思表明さえすれば
血がかよい 肉がつく

知人が50代の若さにして
病に倒れ、危うい状態だという。
奇跡が起こるように祈りながらも
彼は精霊になる準備ができているのだと
勝手に想像する。

本当の自由の身となって
宇宙を駆け巡る段階にきたのだろうと。

今年も秋明菊が花をつけた。
あまりゆっくり見てあげなくてごめんね。
a0039320_00493602.jpg

[PR]
by bontama | 2016-10-04 21:54 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(5)


生き方と自然のつながりを考えるぼんたまの日記
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧