梵玉日記



<   2015年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


行く2015

休みに入った。
溜まりに溜まった家の掃除をしながら
埃と垢の中に探す自分。

今年は隙間がとにかく埋まって
全力疾走したときもあったし
聖域だった睡眠時間を削ったりもしたし
そうして心を身体を鍛えた年だった。

停滞した時期も長くあって 酸欠になったし
だけど人生を潤す出会いもあって
救いもちゃんとあった。

最近思うのは、既成概念のこと。
働き方や 人間関係 自分の立ち位置 社会での役割
苦しいのは
既成概念に落とし込もうとしたからだとわかった。

こうあるべき みたいなね。

自分の価値観で オリジナルで つくればいいんだということ。
ひとりでは生きていけないから
周りの人と調和しながら でも飲み込まれずに
独りよがりにならずに
基本ひとりでも生きていくぐらいの
心意気をもって。

荒野をさまようヒトは獲物を追って、自然から身を守って
生きてきたのだから
生きるってそれぐらいのことなのだと
だんだん腑に落ちてきたところで
来年に続く。

************************
今年もたくさんの人に支えられ、愛し愛され
感動のうちに終えられることを
心から感謝します☆

1日から4日まで島根に帰ってきます
[PR]
by bontama | 2015-12-30 13:36 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

新しい風景

不安に押しつぶされそうになる瞬間
目を閉じないで見続けること。
すると崖だと思った場所が大地になる。
いつでもそうだったように
宇宙には何か法則がある。

年末のこの時期になって、出会いがあり
今年頭にこびりついて離れなかった錆が
あっけなく取れて
初めて訪れた街で、初対面の人と
何かの続きのように会話をして
また先に進める道ができたように思う。

自転車を押して橋を渡ると、新しい風景。
今日は初めて裁判も傍聴したし。
a0039320_21323764.jpg

本所さんの病院に寄る。
忙しさにかまけて10日近く行けていなかった。
昨日まで話をしていたという。
今日は意識がないほど、呼吸困難に陥っていた。
電子音で脈拍が打たれ、ひっきりなしに警告音が
ピーピー鳴る。鳴ったところで誰も来ないのに。
人生の最後がこんなに雑音と無関心に満ちているとは
ぐったりきて、本所さんの横で少し眠った。

もう、彼は自分との闘いに入っていて
できることはなにもない。
[PR]
by bontama | 2015-12-25 21:32 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

月の輪郭ぼやけて

今年お仕事で出会った女性と
2月の誕生日、そして今日のクリスマスイブのお食事をして
「今年あなたに出会えたことに感謝」なんて
恋人みたいね~ と笑って。

昨日まで存在を知る由もない人と
人生を語り 共有しあい
毎日これだけ多くの人達とすれ違う中で
出会う って何だろうと思う。

ちょうど落ち込んでどん底の気分だったとき誰かが
「あなたは変わらなくていい。見せ方を変えればいいだけ」
と言ってくれた言葉が心を射抜いたこと

日々出会う何かに助けられて
今年も感謝で一年を終えられそう。

ドキドキもハラハラもワクワクもいっぱいある生活に
プッシュアップされて
まだまだバージョンアップしていくよ。
[PR]
by bontama | 2015-12-24 23:57 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

今年は

これまでの人生が90度ぐらい向きを変えたような
1年だったと思う。

生きやすくなったか?
そんなことはない。
むしろこれからのでこぼこ道が想像され
武者震いするみたい。

道は自分の望みをはらんでつくられていく。
だから何を夢見て 想像していくかは
とても大事だと思う。

自由
本当の自由って何なのか。
何に縛られて 何に怖気づいて
本当にしたいことを言えないのか。

まだまだ悶々とする日々は続きそうだけど
ひとまずやることをやらねばね。

最近は地面をあまり見ていない。
暗くなった空に星や月を眺めるばかり。
来年はもうちょっと昼間の草花を愛でることができますように。
[PR]
by bontama | 2015-12-23 22:47 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

涙と用心

たくさんのおバカもやっているけれど
自分なりの誠心誠意もある。

信じるということは
他人をじゃなくて 自分を
自分を信じるということは
疑うことよりむずかしい。

揺らぎ 傷つき そんな中で
信じるなんて
歯を食いしばって「そうだ」と言って
自分の生命を肯定するしかない。

自転車で走っているうちに涙がこぼれた。
自分の小ささが引き起こす痛い出来事たち。
むすびでのみんなの笑顔やいたわりのあたたかさ
思い出や日々起こること
悔しさもある。だけど

人生の喜びを悲しみを分かち合うことのうれしさが
寒さに突き刺されながら今日は心底染みた。


それと同時に用心することをおぼえていく。
上の方にいる人たちに飼い慣らされないように。
[PR]
by bontama | 2015-12-18 01:11 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

少し赤が出るぐらいの人生

長いこと日記を書いていなかった。
考察のない日々はいやだと思いながら
目の前に来るものを 見過ごすわけにもいかず
起きて動いて寝てを繰り返していた。

一息。

むすびの10年をふり返る作業をしていた。
なんのご縁だか
見知らぬおじさんたちと遊び、一緒に老いて
死を見送って。

壮大な10年間は無駄だったか。否。
ちゃんと行きたいところへ向かっている。

今年はあと少しだからジタバタせずに 心の整理につとめる。
どんな風に生きたいか?
誰と
何を大事にして。

今日はあるパーティーに参加して
てんぷらを揚げるのを手伝っていたら
アツアツをつまみぐいできて嬉しかったのと
お礼にとおいしい塩をいただいて、よかったと思っていたら
横にあったホットプレートの蓋を粉々に割ってしまい
ついでに火傷もして

ぼんたまの人生は少しトホホで
それでも「まあ、いいか!」と言えるぐらい
しあわせであることを象徴しているような出来事だったと思う。
[PR]
by bontama | 2015-12-14 01:19 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(2)


生き方と自然のつながりを考えるぼんたまの日記
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧