梵玉日記



<   2014年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧


ぼけの心配

老化現象かなぁ
ありえない失敗が続いている。

昨日はむすびの公演 はじめて時間を勘違いして
のんびり向かっていたら
主催者から「もうすぐですよ」と電話があり
焦って事務所に着くと
心配して おっちゃんが一人待っててくれた。
なんとか間に合ったけど。

そして今日は三郷町の町民文化祭。
緊張はしていないと思ったのに
まさかの振り付けをド忘れ。
2回ぐらいまったく同じ振り付けを繰り返して
『このままどうなっちゃうの』とすごい恐怖を覚えたが
なんとか途中から軌道修正。
救いはポーカーフェイスを装えたこと。

客席で観ておられた師匠は
「お客さんにはわからなかったはずだから、失敗のうちに入らない」と
慰めてくださったが
なんのために たかが5分の曲に何ヶ月も費やして
稽古してきたのか。情けなや。

師匠が汗して締めてくださった素敵な変わり帯
自分で結ったアップの頭もうまくいったのに…
やはり舞台は魔物であった。

ぼけにはローズマリーの香りが有効らしいので
毎日嗅ぐことにしよう。

本当に しっかりしなくては。
a0039320_2041316.jpg

[PR]
by bontama | 2014-10-26 20:15 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(3)

引き潮の心得

情報を仕入れてさっと動く なんてことは
もともと苦手なんだけど

最近は調子崩れすぎ。あれもこれも 逃してしまっている。
自分の容量と言うものがあるから
がんばり過ぎては やっぱり無理がたたってしまうのだけど
ちょっと焦る。

流れは引き潮。
それは蓄えて 放出する前ということ。

ちょっと頑張っても
すぐにいっぱいいっぱいになって 放心状態になるので
自動安全装置と言うか ちゃんと作動しているみたい。
ちょっと熱くなると
やたら「ピー」といって切れちゃう うちのガスコンロみたい。

今日は爪だっけ そんで明日はむすびで
ああ 今週末は地元の文化祭に日舞で出演。

そしてこれが すごい幸せなんだということも
ちゃんとわかっている。
[PR]
by bontama | 2014-10-22 10:15 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

こもる

台風につき 用事をキャンセルさせてもらって
家まわりの片付け 引きこもり用の食糧を買い出しに行く。
雨戸をしめて
こんな機会に 押し入れを全部出して整理する。

昨日まで忙しかった。
年配の女性のフットケアをしていたとき
話はずいぶん深く進み その人が
幼い時から観音様の出現を見たり 不思議な体験をしてきて
だけどたくさんの苦労をされてきて 体もよくなく
カチカチにむくんだ足をして その足を揉ませてもらいながら
気がつくと涙が流れていた。

感極まって流れる心の涙と
意識もなく流れる魂の涙がある。
後者は滅多にはないけれど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日は冬ごもりの準備もした。
こたつ敷きを新調したら
新しもの好きの猫がすかさず寄って来て
ゴロンゴロンと転がりながら おおはしゃぎして
雨の日もまた楽しい。
a0039320_213626100.jpg

[PR]
by bontama | 2014-10-13 21:38 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(4)

成長と死

先日の皆既月食。
ちょうど自転車で大阪の北から南へ走りながら
ビルの隙間から眺めた。

靭公園で止まってみると たくさんの人が立っていて
みんながスマホをかざすわけでもなく
イベントとして扱われるわけでもなく 静寂で
植物のように月に向かって人々が立ち尽くす姿は
ちょっとだけ 美しかった。

どこを目指すのか。
月の神秘に圧倒される存在であることを忘れずに。

足の仕事は 今週は毎日1件ずつ予約が入り
ゆっくりだけど 休まずに進んでいく。
たっぷりの待ち時間には 大事な語らいがあったり
仕事や「あり方」について考える。

ゆっくり成長できるしあわせ。

今朝は少し時間ができたので 持ち物を仕分ける。
これは いずれ来る死に向かっての準備である。
[PR]
by bontama | 2014-10-10 07:00 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(4)

秋明菊のころ

ちょっとペースを落とした9月
ここから年末まで スピードアップしていく。

ばらばらが つながっていく。

日舞とむすびとサロンの仕事を パズルのように合わせながら
何か新しい風を入れたい気持ちになっている。
1枚脱皮しそうな むずむずする感じ。

人はひとり
そのことを肝に銘じておけば
だれかを必要以上に頼ったり 遠ざけることはないんじゃないかな。

古代を想像する。日本の人口が たとえば500万人ぐらいだった頃
集落外の人と出会うことはものすごく稀で
尊いことだったのではないかと思う。
a0039320_21412021.jpg

[PR]
by bontama | 2014-10-05 21:42 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(2)


生き方と自然のつながりを考えるぼんたまの日記
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧