梵玉日記



<   2013年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧


わたしのリズム

こめかみに 吹き出物が育って
ずきずき 疼いて
世の中のことを 呪いたくなっていたら
今日は素敵な笑顔にたくさん出会って
少し まぎれた。

ヘルパーも「もうだめだ」と体力気力に限界を感じるたびに
体を動かし 汗を吹き出し 関節をぼきぼき鳴らしているうちに
なんとなく元気になっちゃって

やめられない。

1回拒んで なだめられるのが リズムかもしれない。

「もうだめだ」の先に踏ん張ると 「希望」があることを
知っているから
続けることが大切なんだ。

ただし、自分に合ってないことは すぐさま止めてもよい。
[PR]
by bontama | 2013-07-30 23:19 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

犬と猫とⅡ

長いスパンで 時々会う友人は鏡みたいなもので
自分の様子がなんとなく 客観的に見える。

今は ちょっと疲れ気味かな。
気持ちの張りがなくて 楽しめない。
でもこれも 人生のステージでやってくる現象なのだ。
乗り越えた人を見て われもと希望をもつ。

「犬と猫と人間と」のパート2を観に行った。
パート1はペットとして生産され 廃棄される犬猫や
その支援にあたる人たちが映されていたが

パート2は 2011年の震災の被災動物たちに
スポットが当たった。

瓦礫の山となった街を 当てもなく彷徨う犬の
困惑した様子をみて
「動物たちも被災したんだ」と 腑に落ちる。
動物たちだって
家族とのあたたかい思い出や 記憶を持って
辛い状況を生き延びている。

街に取り残されて餓死するのがいいのか
保護されてケージの中 飼い主を待ち続けるのか

西成のおっちゃんたちの姿と重なり
自分だったらと 悶々として

結局は自分が出会った人生の中で
その人なりに 希望を見つけるしか 仕方がないんじゃないか。
自分が信じたことをやるしか 仕方がないんじゃないか。

巻き込まれた人や動物が しあわせかどうかなんて
それもそれぞれだから。

ただ 街に出ると 着飾って平気な顔をした人ばかり歩いているから
同じ日本で牛の群れが死の行進をしているとか
声もあげられず拘束された人が 無念のなか亡くなっていく姿が
「ありえない」ことが びっくりするし 寂しいことだと思う。
[PR]
by bontama | 2013-07-28 22:02 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(2)

心静かに

言葉にならないイラつきがある。

静かに 巧妙に 言葉優しく行われる暴力が
言い訳の用意されている怠慢が

血の通わない栄光が

小さく愛しいものを 踏みにじっているようで。

でも そこにある違う一面を見ようとしない自分に
一番不満なのかもしれない。

心をやわらかく。しなやかな竹が折れないように
しなる心というものは どんなものなのだろう。

喫茶店で隣に座ったおっちゃんが
「なんかエエことないかな」と つぶやいた。
頑張り屋の女性が「最近、ちっともエエことないわ」と漏らす。

ええことって 何かな。

たしかにお金はない 仕事はきつい 人間関係にストレス溜めて
まずは
息をしていることを 確認して 喜びましょう。

借り物でなく 自分なりの思想があれば
あとはなんとかなる。
 
[PR]
by bontama | 2013-07-26 12:40 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

着物と短パン

日曜日は 内輪でやる日舞の発表会と
夜からヘルパーで

朝は化粧して 一張羅の着物来て出かけたのに
夜は短パン濡らしながら 人の入浴の介助をしていた。

こんな日も けっこうある。

で 今朝は帰ってきて しばしダウンして
今時分に正気を取戻し
まずは掃除 ネットのチェックして さて それから。

孤独を愛しているつもりでも
まだ 本当の孤独は知らないのかもしれない。

ああすればいいじゃない と
簡単に言ってしまえる時ほど
「事情」が抜けていたりする。

人には 他人にはわからない事情や心情があるので
あまり評価してはいけないの。
そういうことが ちょっとずつ呑み込めてきた
つもり。

暑いから 断片的に考えては 消す。

アイスクリームを食べすぎると 
夏の終わりごろぶつぶつができるので
今年は控えめに。
[PR]
by bontama | 2013-07-22 14:07 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

よく見失う

時々 方向性を見失う。
道はどれも通じているから 迷いはしないが
どっちに行こうかなーと。

自分にしかできないこと というのが優先順位だと思う。
でないと これだけ多様な人が存在する意味がわからない。
きっとそれぞれに 与えられた役割があるはず。

そして感触。

そしてご縁。

乗り越えられない壁には
何度も何度も 出会い直すのだ。

だから無理な時はパスしてもいいと思う。
今度巡ってきたときに もう少しマシに対処できれば。

もうだめか と目を閉じかけた時
人生は展開するのだ。ギリギリまで丁寧に 楽しんで。
[PR]
by bontama | 2013-07-19 08:51 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

なんとか流れに乗っている

何も考えないで 漂っているので
ここのところ思考も閉じ気味
ふわふわ それでも毎日動いている。

数年ぶりの友人に会ったり
呼ばれた用事 思いついた用事
日舞の内輪の会も今週末なので
お稽古もせねばならない。

でも たいていのことは前の日に
やばいやばい と言いながら
なんとか準備をこさえるのだ。

夏だから こんなもん。

おかげで 人のことを考える間がない。
思いやる時間もなく
ああだこうだと思いを馳せるだけ…

そういう意味では もうちょっと体力をつけないとな。

今日は巻き爪のお客さん2件
ぼつぼつと 始まっている。
[PR]
by bontama | 2013-07-17 10:21 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

地味~に

暑い。 って 言いたくないなぁ。
でも やっぱり室温33度 湿度70%ってひどい。

いったん汗をかききると それ以上はあまり出ないみたい。
汗かいて 食欲も落ちてるのに
痩せないのが 腹立つ。

昨日は暑い暑い京都に行き
ずっと名前は存じてて お礼を言いたかった人を遠くから見て
(声はかけずじまい。なんだか なんだかで。)
バスに上着を忘れて 猫の絵の展示を見て帰った。
それだけだったが けっこうな冒険でもあった。

地味な出会いが多い 最近。
でもちゃんと出会っている。進んでいる。

夏は苦手なので なるべく騒がずに
息をじっと殺しながらの仕込みと 整理。

すごろくは寝転んで暑さをやり過ごす作戦。
何も考えずに うらやましくてならない…
a0039320_16575118.jpg

[PR]
by bontama | 2013-07-08 16:59 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

元気になってきた

今週は再会が多かったと思う。

のろのろとでも 這い出てみるものだと思う。

木曜日は久々に新開地の一番星食堂で踊って(舞踊を)
今日は日舞の稽古。「蓬莱」間もなく完成。

ちょっと自分を取り戻しつつある。
遊びながら 働き 働きながら遊び
夜はなるべく出かけずに 家にいる。
これが元気の秘訣かな。

お菓子食べて すごろくをブラッシングして
のんきにしていると
だんだん考えたくなってくるから。

できるときは のんびりを楽しむ。

今日は亡くなった佐野さんが隣に座っているような気がしてならず
久々にシクシク泣いたのも いいデトックスになったようだ。
[PR]
by bontama | 2013-07-06 22:13 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

不思議だな

あれだけ涙を流して取得した巻き爪の仕事を
どう展開したらいいかな
ビジネスの才能はないし
それを通じて何をしたいのか 考えていたところ

知人から声がかかった。

意味なんか後からついてくる
歴史は勝者のものっていうけれど
自分の歩む道が 振り返れば語るのだ
それより 縁を大事にする。

いまあるものを大事にする。
大事なものは すでに手の中に持っているって
何度も何度も 感じてきたけれど
今日もまた そう思った。

十年前に通っていた駅に立って
深い感慨にとらわれる。
まー 仕事はどうなるか まだわからないけど。

十年のうちに あさやんやすごろくという家族ができて
むすびに出会い それを通じて多くの人に出会い
日舞も続けた。ヘルパーや巻き爪の仕事も始めた。

なかなか画期的な10年といえる。
[PR]
by bontama | 2013-07-03 21:57 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

桔梗

とくに世話もしていないのに
桔梗がこの時期にはちゃんと花を咲かす。
年々立派になっている。

6月 出不精を極めて 7月 ぼちぼち這い出る

久々にひとりで電車にコトコト乗って 友人と話をして帰る。

やだやだと文句ばかり言うから ものの進み方が遅い。
でも それが自分に合ったペースだと思うから
早いがいいとも 肯定するばかりがいいとも思わず。

人生も 不耕起自然農法でいく。
大型トラックで大量収穫を狙うより
枯れた野菜や草の間に そっと種を撒き
朽ちた根や 集まってきた虫たちが 地を耕すのだ。
量はなくとも味の濃い 本物がいい。

時間がかかる。
べつに志なんてものもないから 途中で死んでもオッケー。
a0039320_717184.jpg

[PR]
by bontama | 2013-07-01 19:12 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)


生き方と自然のつながりを考えるぼんたまの日記
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧