梵玉日記



<   2013年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧


やっぱり呼吸

あさやんの実家の法事だった。
親戚 ご近所さん 人もたくさん来るし
おみやげ 食事 なんやかんや

皿が足りないとか お坊さんにお茶を出すタイミングは 
誰々さんに何が渡せていない とか
早めに帰った方に届ける とか

現場はパニックの連続だった。

事務処理はもちろん 営業能力や体力 声の大きさ
農村型の一家を運営するには
総合的な能力 くわえて おおらかさがいる。

まだまだ世間に揉まれていない自分を発見。

受け入れる 

ということについて考えている。
人がどうこうではなくて
自分が 他人を 現象を 社会を 変化を
受け入れる。
痛みをともなっても 表に響かずに
そっと吸収して そっと吐き出すような。

しかも得意にならずに。
卑屈にならずに。
[PR]
by bontama | 2013-04-29 07:41 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

びみょうなかんじ

最近の状況は なかなか簡単にことばにできない。

悲しみもあれば 喜びもあって
不安と希望と おわりとはじまりと
芽生えと 枯死と 疲労と安楽と

打ち消し合うので
やっぱり感想としては なんともいえない。

どうでっか ぼちぼちでんな  そんなかんじ?

今日は夜勤明け 帰って長風呂をしていたら
すべきことを忘れてしまい すっかり呆けてしまった。

微妙な事柄はキャンセルして 5月のある週末 島根に帰ることにした。
足元が見つめなおしたくなって。

いろいろ思うことはあったんだけど
やっぱり ことばがでてこないなぁ。

白いテッセンが咲き乱れて キリスト教か勧誘のおばちゃん2人組が
立ち止まって眺めてくれていた。
声かけられないように そっと家を出た。
おばちゃんたち
老人ホームとか 話し相手の人がほしいと思うけどなあ。
[PR]
by bontama | 2013-04-26 22:03 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

庭仕事

久々 庭の手入れに精をだす。

ネコの額とはいえど この陽気で伸びる植物の速度に
追いつくことはむずかしい。

目の粗い箒を買ったので しゃっしゃ と
コンクリの上に溜まった枯葉を掃く 楽しさ。

ツツジの下にあるセミの死骸はもう2年目のもので 
ついに腹だけになった。土に還る時間の流れ。

何年も世話している植物ともなると
どこまで刈り込めばいいか タイミングもふくめ
向こうから教えてくれているような気がする。
人も植物もつき合う時間の長さは大切だ。

わけのわからない人間の世界に辟易として
胃の中にぐちゃっとしたものが溜まり
吐き出す術もないようなとき
自然が繰り広げる壮大な世界に
浸ることを忘れずに。

ナルコユリとコデマリ テッセンが咲いた。
[PR]
by bontama | 2013-04-22 09:37 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

引き寄せる

今週は ヘルパー2回。自分の7割ほどの体重の人を抱えるには
相手の身体を自分に引き寄せて 自分の身体と一体化させて
うんしょこらしょと移動する。

今まで 引き寄せ方が足りなかったことが判明。
ぐぅぅっ と引き寄せたら 少し軽く感じたのだ。

これを人生に応用できないか 考えた。

嫌な相手を引き寄せる。近すぎて見えないほどに。
電車の揺れを引き寄せる。 冷たい夜の空気を引き寄せる。
予測できない力を 反動を 引き寄せる。

ああ楽。ああ楽しい。


昨日はおいしいおひるごはん。お抹茶付。日舞の教室のあとも 生徒さんたちが
お茶のお点前をしてくれて お茶は ええなあ。

今日は日舞の名取式。古典は師範までとったが 新舞踊の名前もとることになって。
師匠と弟子と 盃を交わして 契る。
折敷には ニボシ エビ 昆布 盃。
なぜ 縁起物の膳は 海産物メインなのだろうか。
a0039320_20412245.jpg

[PR]
by bontama | 2013-04-20 21:04 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

遠足

遊んでいる状況では まったくないのだけれどなぁ と
ぐずぐず出不精をして ストレスをためるぼんたまのまわりには
時々連れだしてくれる友人たちがいる。

和歌山に ももんがさんの個展を観に行きたいなと思っていたら
友人が「どこかへいこう」と誘ってくれたので
行くことにした。

河内長野から橋本にかけて 山深く
紀ノ川が見えてくると 視界が開けて
山の斜面に立つ家だとか
川べりに咲き乱れる野の花だとか 光につつまれていて
こんなところに住みたいな― とうっとりする。

女人高野の慈尊院に立ち寄った。安産や乳癌の治癒など
女性にまつわるご利益をもとめてか
おっぱいの絵馬がたくさんかけられていた。
a0039320_81123100.jpg

上の神社にあがる参道にはシャガが咲き誇り
風が ザワザワと語りかけ 鳥がさえずり シンフォニーを奏でた。
a0039320_892099.jpg

新緑のモミジの木の下で しばし瞑想。。。
自分が思っている以上に ストレスがたまっていた。
呼吸する 自然と宇宙の連なりに 思いをはせる。
遠くから黒い子猫が恐る恐るこちらを見ていたが
近づく勇気は出なかったらしい。
a0039320_8155076.jpg

展示会場のなりゆきや工房さんに行って 絵とパンとコーヒーと 猫とひとときを過ごす。

いい休日だった。
a0039320_819477.jpg

※これはスゴロクではなく 工房のサバ
[PR]
by bontama | 2013-04-16 08:19 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(2)

とびこむ

苦手な人がいると どんどん嫌いな要素を見つけて
硬直状態になってしまう傾向がある。

よくないなぁ。

嫌なやつの胸にこそ飛び込む。
解決策はこれしかないと 今日は実践した。
すると そんなに悪くない気持ちで今日を終われる。

それも無理なぐらい嫌な人は ご縁がないと思って諦めるしかない。

ユキヤナギが終わり
ナルコユリと コデマリと クレマチスが準備中。
青い花の球根たちが 間をもっていてくれる。
[PR]
by bontama | 2013-04-09 22:05 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

風に翻弄される

母と5日間一緒にいた。連れ立って横浜の姉の家に行き
わが一族に伴走するネコ一族が増えたことを確認する。
姉の家に仲間入りしたのは 三毛猫のキリちゃん。
ぼんたまの姪 ということになる。なかなかのべっぴんさん。
a0039320_1405828.jpg

奈良で はじめて箸墓古墳や三輪神社 石上神宮を訪れた。
古代はロマンで 祈るということに親近感をおぼえる今日この頃。
さくらもきれいだった。母の毒が少し薄まっていくのを感じた。
a0039320_1433836.jpg

母を送り出して すぐにむすびのおじいちゃんの入院している病院にいくと
おもむろにベッドから降りて 支えようとする私の手を制止して
杖もなく 歩いて見せた。そしてよっこらしょとベッドに上がり 定位置まで自分で戻った。
平然として。93歳のご老体で2ヶ月の入院生活
めげずに 前を向いて 気負わない その姿に 自分はと思うと情けなく思った。

6日は日舞の稽古で腹筋を鍛えたあと あさやんの出版記念会へ。
笑いあり サプライズありで 類は友を呼ぶ。楽しいひとときとなった。
いただいたお花を チェックするスゴロク。
彼はお花が大好きだ。
嫌になりそうな現実もありながら 花とネコに癒されたりしながら
なるべく文句を言わずに すすんでゆく。
a0039320_13583098.jpg

[PR]
by bontama | 2013-04-08 14:15 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)


生き方と自然のつながりを考えるぼんたまの日記
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧