梵玉日記



<   2012年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧


お年寄りのイベントへ

河内長野の福祉施設のロビーコンサートに出演する。

お客さんはお年寄りばかりだけど みなさんとっても元気で
琴の演奏や日本舞踊も 食いつくように見ている。
身なりもきれいにして お出かけを楽しんでいる姿を見ていると
自分のほうが元気ないなと思ってしまう。

今日はいい感じに緊張して あがってはおらず
気持ちよく踊れた。
最後のポーズをきめると
「いよっ 日本一っ」とおっちゃんのかけ声。
初めてのかけ声 ありがたさが身にしみる。

もうアラフォーのぼんたまですが
高齢化社会なのでどこに行っても若手みたいな感じで いいのかどうか・・・
歳のとり方を考えていると

施設の玄関に七夕飾りがかざってあった。
短冊が興味深い。
a0039320_17274742.jpg

これはどんな方がどんな心境で書かれたのか。何か反省するようなことがあったのか。
想像力がふくらみ ぼんたま好みの一枚だ。

a0039320_17285042.jpg

体の自由が利かなくなって 自分というものが自分であって自分でない。
宇宙から与えられた存在ということをかみしめられる。
そんな心境になれるように 人は残酷に老いて死ぬのかもしれない。

歳をとるって素敵なことでもある。
[PR]
by bontama | 2012-06-30 17:34 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

桔梗

桔梗が咲いた。

この時期の花はアジサイ アガパンサス 清涼色が
足を止めるに値する。

あっちへ こっちへ
収入もたいしてないくせに
何をしているのだろうね。
a0039320_17175115.jpg

[PR]
by bontama | 2012-06-29 16:27 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

学ぶ

阿部野で日舞教室。
踊りは教えるけど 自分がくよくよしている事柄については
いつも生徒さんに 何かしらの教示をいただいて
ふーんと 腹の中に落ちるので
心身ともにバランスをとれる時間。

その後某研究会。
「社会学とは」と盛り上がっている皆さんを横目に
テンション低いまま参加を続ける。
でもこの研究会は 自分を育ててくれそうだと若干感じる。
実際に動く人と 率直に意見をくださる人ばかりなので
学ぶことは多い。

今日は 周囲の期待に「応えないと」といい子になっていた自分を発見し
ちゃんと「自分なりに感じる」ことを怠っていたことを直視する。

でもなぜアカデミックな世界が苦手なのかというと
自分の欠点や課題がつねに指摘され
えらい人と アホな人が一目瞭然で
成長過程では肩身が狭く 上り詰めると周囲がひれ伏す。
なんだかおもしろくないからだ。


やっぱり 
切磋琢磨みたいな世界より猫のひなたぼっこみたいな世界が好きだなぁ。
人生は一生勉強だけど 頭が大きくなり過ぎない程度に。 
[PR]
by bontama | 2012-06-27 22:15 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

京都 西成

おとといは友人と京都に行って
ゆっくりモーニングを食べて 骨董市を散策した。
京都は近いとはいえ 半年に一度行くか行かないか
人の誘いなしにはぜったいに腰があがらない。

今回はイノダコーヒでモーニングという響きがとてもうれしくて
家を早く出た。

彩りの美しいプレートが出てきて
ああ贅沢だなあ ありがたいなあ しあわせだなあ。。。
一日 何も考えずに 心を休めることができたのだった。
a0039320_10294882.jpg

うってかわって昨日は
むすびで時間を過ごしていたら
ほんの先で 薬物使用者?による車の事故と逃走劇で
パトカーやら 救急車 消防車 マスコミ やじうま
アリの巣をひっくり返したような騒動で
「何かあったんかいなー」と おじいちゃんたちととぼけていたからよかったものの

すぐそこで巻き込まれたかもしれない惨事に
冷静になってから 背筋が凍った。

そうやってあっけなく死ぬかもしれないから
身辺整理の必要性だけが 妙に迫って来たりして
「部屋を片付けよう」と本心で思った。
[PR]
by bontama | 2012-06-27 10:36 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(2)

梅雨の晴れ間

昨夜の大雨で今朝は電車がやたらめったらダイヤが乱れ
夜勤から帰ってくるのに ずいぶん時間がかかった。

増水した大和川をのぞきこむ。
濁流 ということばがなんだか好きだ と思う。

午後からは晴れ間が広がって むんむんとした気候になる。
2日前に干し切れずに 生臭くなってしまった洗濯物を再び洗う。
隣の家との境に生えて大きくなった木をノコギリで ギコギコ倒す。
すごろくの毛皮をきれいにクシで梳かし
甥っこの誕生日カードを書いて送り

やろうと思っていた文書作成ができなかった。
まぁいいや。
明日からちょっとだけノンストップの日々が続くので
体制を整えておく。

最近は変なおやつを食べるより
ナッツとか 炒った大豆だとかを好むようになった。
クルミとマカダミアナッツが大好き。

でもまあ 変なおやつもやっぱり大好き ってことで。
[PR]
by bontama | 2012-06-22 16:41 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

ライブ終了~

まゆたまのライブが終わって ようやく息がつける。

フットケア むすび 日舞 ヘルパー そしてまゆたまの活動が見事に重なって
ここのところ とにかく倒れないように
休む隙を見つけては 練習や勉強や 準備にあけくれ
稼ぎもほとんどないのに 必死に生きていた。

ちょっとだけ息を抜く。
しばらくお留守番ばかりで
夜鳴きがひどいすごろくと寄り添いあう。

ライブは最初みんなの調子が狂ったりして止まりかけてはつなげて
後半ようやく取戻したが
ライブはやるたびに 自分のできなかったことが浮き彫りになり
やることが増えていく。

今回ゲストの野澤松也氏が打ち上げの時に食事しながら
「自分は頑張るのが大嫌いで 努力が嫌いなんだよね」と
言いながら 手の指には大きなタコ。
三味線を弾きこんで 打ち込み続けて
けっしてサボってはいなかったことは 演奏を聴けばわかる。

努力っていうのは 自然の流れの中で 日々行われ
人に見せないものなんだと思った。

打ち上げが終わり メンバーで片づけをすべく会場に戻る。
普段は飲まない缶コーヒーがやたらおいしくて
まつりのあとの さみしさと 安堵感がひろがった。
a0039320_13445124.jpg

[PR]
by bontama | 2012-06-18 13:45 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

足ケア デビュー

フットケアの助手として はじめて人の足を触る。

今日は若い女性のお客様ばかりで
きれいな足が多かったけど
若い女性ならではの 爪の悩みや足裏の悩みがあった。

はじめての足爪切り。
足の爪も人それぞれで いろんな形 いろんな厚みや
いろんな向きがあって
お客様が変わるたびに 戸惑い 焦り
今日は変な汗をたくさんかいて
ああ~~ つかれた!!

だけど 普段あまり注目を浴びない足の爪や
足裏の角質なんかがケアされて
すっきりとした顔になっていくのは うれしい作業だった。

疲れて帰りの電車爆睡中
すごろくに咬まれる夢を見て
足をばたつかせ 目が覚める。
前に座ってたおじさん びびって席を移る。
驚かせてごめんなさい。
[PR]
by bontama | 2012-06-10 20:05 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

あじさい

ハードな1週間だった。

まゆたまのリハーサルに ヘルパーお泊りに むすび研究会
それにフットケアのこともウェイトを占めてきて
楽しい しんどい 行きたい でも体力が と
弱音を吐きながら がんばった。

明日いるものを必死に準備しながら
その日暮しはリズムに乗ればやってはいけるけど
昨日はオーストラリアにいた時の夢をみた。

畑仕事に疲れたら 木陰で昼寝。
一日絵を書いて過ごした休日 今日は採れたての果物でケーキを焼こうとか。

人生の歯車は幻想を見せつつ
加速する。
戻りたい 戻れない人生ならば
思うように進むしかない。

もっと何も考えずに休みたい。

あじさいを庭に植えたいのだけど
ガクアジサイも好きだし まずは青いベーシックなやつか とか
迷ってたら今年も機会を逃しそう。。。
[PR]
by bontama | 2012-06-09 20:17 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

ガオー

梅雨に入ってけだるそうなスゴロクを撮ろうとカメラを向けてたら
すごい顔撮ってしまった。
けだるいのに 咬む猫。
a0039320_20205850.jpg

[PR]
by bontama | 2012-06-08 08:18 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

ジャンクがほしい

睡眠が恐ろしく浅い日が2日続き
今日は会う人会う人に「どうしたの」という顔をされるほど老けた顔して
浮遊しているような足取りで歩いていた。

むすびでもおっちゃんたちに振りまわされ
家では職場が危機のあさやんに気をつかい
どれも勝手に気をもんでいるだけだけど
少しだけ おっさん拒否反応だ。。。

 無性に泣きたくなる。

でも幸せなことに 周囲には素敵な女性の先輩がたくさんいて
励まされたり 心を落ち着かせてもらったりして
現実的な女でよかった と思う。

今日は釜ヶ崎夏祭りの実行委員会だった。
タバコの煙の中 「やぐらを立てて」なんて 男らしい話が繰り広げられ
ぐうとも言わず。(でも今年は1日だけの参加にしてもらった)

帰ってインスタントラーメンを食べる。
この数日 めちゃめちゃ食べたくて ようやくありつけてうれしい。
スーパーでポテトチップスも心を打つ。
たぶん心がやさぐれているのだろう。
[PR]
by bontama | 2012-06-05 22:02 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)


生き方と自然のつながりを考えるぼんたまの日記
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧