梵玉日記



<   2011年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧


ひと息 ふた息

先週は激しかった。

むすびの公演2本に 自分の日舞の舞台に 
ヘルパアの夜勤とノンストップ9時間と
むすびの遠足 おじいちゃんたちを連れて吉本を観に行って
むすび研究会もあった 日舞の稽古もあった。

だけど 合間合間に これだけ好きなことができていることや
それを見守り 励ましてくれるすばらしい人たちに囲まれていることが
ありがたくて涙がでそうになったこともあったり
なにげない人の視線だったり なんともない食事だったり
季節の移ろいだったり

老いて死ぬだけの運命なのに なんでこんないろいろ思いをめぐらせるのだろうと
不思議に思う。

1週間分の掃除をして すごろくと遊んで
体を休めて たまった雑務を片づけて(片づかなかったけど)
もうちょっと遊び足りない。

今週会った人は疲れて青い顔をしていた人が多かった。
もうすぐあたたかい春の日の下で みんなとのんびりできますように。
[PR]
by bontama | 2011-03-28 15:27 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

舞台

国立文楽劇場で日舞の会。
師匠の師匠の十三回忌追悼とかで。

6時に起きて7時に家を出て 美容院に行って頭をセットして
楽屋入りして 化粧して 着物を着せてもらって
それから舞台に出る。

化粧や着付けなど たまにはそれぞれのプロにお世話になると
それぞれの心意気に身がぴしっとなったりする。

なのになのに ぼんたまはどうでもいいようなプレッシャーだとか
どうでもいいことに気をとらわれたりして
舞台に走り出た瞬間 踊りを一瞬忘れてしまい
その後扇子を落とすことへの異常な恐怖心で
踊りに集中しきれずに がっくりした。

 稽古不足を幕は待たない 恋はいつでも初舞台

梅沢富美男の「夢芝居」が頭をぐるぐる回って ああ自己嫌悪。

邪念の払い方を身につけないといけないことを
強く実感した。

楽屋でぶうたれるぼんたま。(撮影:KRR)
a0039320_128580.jpg

[PR]
by bontama | 2011-03-22 20:57 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(5)

おぼろ月

金曜の夜 ヘルパーのお仕事で重度の障害者の人を持ちあげるとき
ぼんたまの肩と 股関節あたりから 「ぼきぼき」「ぼきぼき」と音がして
あ~ 痛めちゃったかなと思っていたら
それ以来 逆に調子がいいようだ。

たとえば整体師さんに 引っ張ってもらって「ぼきぼき」いうような
感じだったのかもしれない。

木曜日に日舞の舞台のリハーサルで カチコチに緊張していた体が
ほぐれたのかもしれない。
(リハーサルは会主さんや 関係者ばかりが近くで見ているので一番緊張する)

今日はむすびで紙芝居の練習につきあい
おっちゃんたちがのんべんだらりとするのを 叱咤激励して

民謡とおどりのユニット「まゆたま」の打ち合わせ(?)に。
天六のイマドマというカフェバーで
三毛猫の「さくら」ちゃん(生後6カ月ぐらい)に出会う。
あまりのかわいさによだれが出て 心癒される。
a0039320_126135.jpg

久しぶりの天六商店街で古きものを見たりしながら
日舞のお稽古へ行って 舞台の前の最終稽古。
師匠はもう 何も言わずに稽古はさらりと終わり
あとは自分との勝負となる。

駅から自転車をこいで帰っていると 空には雲に巻かれた大きな月。

 今日も 何かに動かされて あっという間に暮れました。
 なんのために こんなことをしているのでしょう?

と月に問うても やっぱり返事はないのだった。
[PR]
by bontama | 2011-03-19 23:54 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

春の雪

東北と関東の地震の話を 離れたところで聞いていると
暖かい場所にいる自分 たらふくごはんを食べて
電気や石油の恩恵にあずかっている自分を
うしろめたく思う。

明日はわが身。
普段でも 世界には戦争があって 飢餓があって
それでもぬくぬくと暮らしているのだから

何かあっても 文句はいうまい。

こんな時きっとまずできることは 痛みを自分のものとして感じることと
お金を出すこと。
ネットや携帯で情報を混ぜ繰り返したところで
被害者に届けばいいけど。


今朝 ユキヤナギの花がはじめて咲いたと思ったら
冷たい雪が降って 春の花たちは再び芽吹く力を幹の中にしまい込んだ。
[PR]
by bontama | 2011-03-16 16:52 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

羽根さぬき

へんなスイーツよりも
丁寧につくられた和三盆がおいしいと思って 砂糖中毒。

東かがわ市の三谷製糖 羽根さぬき本舗の和三盆にはまって
ぽりぽり食べていたら
もうあと2つになってしまった。

名前のとおり羽根のような包み紙が愛らしい。
a0039320_14334117.jpg

[PR]
by bontama | 2011-03-09 14:34 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

おどりボランティア

毎年おひなまつりに呼んでくれるお年寄りの施設。

おばあちゃんたちも 春を感じてくれただろうか。
初々しいKRRちゃんと歌のお姉さんたちと
早春一座。

踊り終わって 見栄をきったあと
目の前のおばあちゃんと目が合ったら
おばあちゃんの顔にぱあっと生命が走って

きっとあの表情はしばらく私のおどりの原動力になると思う。
a0039320_14275866.jpg

[PR]
by bontama | 2011-03-07 18:19 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(2)

庭仕事

わが家にはかなり小さいけれど庭があるので
蚊のいない季節は 土に触れる。

ガーデニングなんかもやったことはあるけど
どうもダイナミックな視点でのデザインは苦手で
思いつき ばらばらで まとまりのない ぼんたまの庭。

ブロッコリーとスナックエンドウを植えようとおもって
土を掘っていたら ネコのうんちと(すごろくのものではない)
瑠璃色のタマムシの死がいや
カナブンの幼虫がでてきたりして
変なテレビを見るよりはよっぽどおもしろい。

以前は花なんて 食べられない非実用的なもの と思っていたけど
見ていると心癒されたり 蝶やハチが遊びに来たり
いいもんだなと思うようになった。

以前は「女」という概念も非実用的だと思って避けていたけれど
それはそれで演じることで生活をおもしろくしたり
社会や生活の中で腑に落ちる部分を見つけたり
逃げ場になったり
まあ いいんじゃないかなと思うようになった。

人から強要さえされなければ。
[PR]
by bontama | 2011-03-06 19:34 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(2)

芽吹く

まだ肌寒いけど 道端にしゃがんでよくよく見てみると
カラスノエンドウや オドリコソウや 名前を忘れたけど
いろんな草が芽を出していて

わが家のユキヤナギも明るい緑の葉が一斉に芽吹いて
白い花がつくのを待っている。

体はだるいし 胃腸はぐずぐずいってるけど いい季節だなぁ。

気分がいいときに 理想の生活について考えてみる。
人は何かしら仕事をもっているのが しあわせだと思う。
高級外車やブランドバッグに興味を持つ人は
うまいことやって 儲けたらいいし
草を見ていてもうれしい人は そこそこ暮らしたらいい。

仕事の というより お金の奴隷になることは悲しい。
お金をもらうために 自尊心を低くしないといけないのは悲しい。
誇り高く仕事をするためには どうしたら?

仕事=お金をもらう という発想が心を蝕んでるのが良くないと思う。
はたらくのは 自分を生かしてくれる社会に貢献するため
はたらきには対価が払われるべき だけど それがお金なのか
その人の満足感なのか 「ありがとう」という言葉なのか わからないけど。

今日大好きな飯田和美さんから手描きのバースデーカードをいただいた。
絵というものはよくわからないけど
この人の描く世界は なんだかやさしくて あたたかで
そしてちょっとけなげで切ない。

額をつくって部屋に飾ろう
[PR]
by bontama | 2011-03-01 20:36 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)


生き方と自然のつながりを考えるぼんたまの日記
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧