梵玉日記



<   2010年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧


人間模様

むすびのおっちゃんたちには
いろんな人がいて

お金でもめて 嫌気がさして来なくなっちゃったり
自分がどうしても信じられなかったり
人もどうしても信じられなかったり
高齢ゆえの癇癪を出したり。

天使のような時もあれば 魑魅魍魎みたいなときもあり
ぼんたまは笑ったり 怒ったり 情けなくて涙がでたり。

育んだはずの関係が 枯れたかのように見える時もある。
どんな人間関係だって そうだけど。

タンカきって 事務所を飛び出したおじいちゃんが
部屋で後悔と寂しさで 打ちひしがれていて
あのとき失礼なこといって ゴメンな って言ってくれたとき

昨日言い合いしたおじいちゃんは お互いゴメンって言わなかったけど
ちょっとずつ視線を交わして ふたりの間に笑顔を取り戻したとき。

あきらめないでよかった と思う。

心にぬくもりを蓄積して 次の困難に備える。
いろいろ世知辛くって イライラしてみたり 疲れてみたり
この寒~い天候が物語っているではないか。

近頃物忘れがひどくて
「若ボケ」に効くという ナタ豆を育ててみたのだけど
巨大な芽が出たと思った瞬間
ナメクジの餌食になってしまっていた。
赤ちゃんのように目を放してはいけない。
[PR]
by bontama | 2010-05-27 22:15 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

雨の日 おでかけ

堺のパン屋さん「松波」さん依存症になっているのか
雨がふり 風が吹くなか
出かけていく。

パンもおいしいし ケーキもおいしいし 飲み物もおいしいし
今日はパスタのランチをはじめていただいたのだけど
これまたおいしい。

なによりお店のお母さんとお姉さんたちも
すばらしく温かい。

今日もお母さんが花を挿し木にしたものをくださった。
去年枝をいただいて 試したのだけど
根がつかなかった「ニオイバンマツリ」。
白と紫の花がいい香りを放っている低木。

花を上手に育てられる人は
人に対してもしかり。
昨日も農業のエクスパートみたいなおじさんが
「苗を植えたら必ず『元気で育てよ』と声をかけてあげてください。
全然違いますから!」
と言っていたが 他の存在のために心を割けることって
なかなか難しい。
[PR]
by bontama | 2010-05-23 16:58 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(5)

久々に畑

奈良NPOのプロジェクトでやっている
月一回の呑気な農業が今年もはじまった。

畑が遠いのと 時間の使い方が下手なのと
自主性に欠けるので
ちょっと惰性っぽくやっている農業。
でも こどもたちとワイワイ外で遊ぶのがどちらかというとメイン。

今年もこどもたちとはじめまして。
「今何時?早く帰りたい」と言っていた男の子たちも
気がつけばカエルとりに夢中。

石を投げて殺したかと思うと
穴の中に落ちたカエルを「助けてあげて」と頼みに来る。
命との距離感がまだ統一性のない頃。
ぼんたまもカエルを殺して遊んだ記憶があるから
なんとなくわかる。

命の意味を説いたところで彼らはピンとこないだろう。
無機質な経験や行為が ある日実感をともなって感情になるのは
もっと後のことかもしれない。

田んぼのにおいとこどもたちの声と
記憶のどこかにある情緒。
その情緒を認識することが「勘」というものなんだと
何かの本に書いてあった。

勘というものをばかにせずに生きていく。
a0039320_164154100.jpg

[PR]
by bontama | 2010-05-22 16:23 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

バラがさいた。

ぼんたまは最近 そこそこ庭仕事をおろそかにしないことにした。
枯れた花を摘む 草をとる 水をやる

以前は勝手に育て という主義であったが
よくよく考えると 人為的に植えておいて
放任で放置では 植物も気の毒というものである。

今年はじめて肥料を施し かいがいしく世話をしていたら
バラがたくさん花をつけた。
百合もはじめてつぼみをつけている。
生き物には手間が必要だ。
循環の花が見たければ。
[PR]
by BONTAMA | 2010-05-19 16:42 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

むすびの紙芝居

堺で紙芝居とひきたまさんの歌とのコラボ公演をした。

むすびのおじいちゃんたちは
日に日に体力が落ちて 若い人とは違い
肉体的には後退していくばかり。
だんだん意識もまばらになっていくのを
さみしい思いで見ることもあるけど。

だけど紙芝居をやっているときはスターなのだ。
お客さんの空気を肌で感じ 声を張り

今日は2人のおじいちゃんが感極まって泣く場面を見た。
うれしすぎて泣けるなんて
素晴らしいことではないか。

若い時はなまなましい人生を送ったかもしれない
人を傷つけたかもしれない
自分も傷ついたかもしれない

だけどカワイく涙を流しているおじいちゃんたちを見て
この世の垢が落ちてきているのを感じる。
身軽にあの世へ行きたいものだ。
[PR]
by BONTAMA | 2010-05-16 20:34 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

ネコのあくび

なんだかヘビっぽい ネコのあくび。
a0039320_813488.jpg
a0039320_814520.jpg
a0039320_815638.jpg

[PR]
by BONTAMA | 2010-05-11 08:02 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(2)

田植え

いつも自分が食べるお米の田植えを手伝いに行く。

機械がほとんどやってくれていたのだけど
隅のほうとか 倒れてしまった苗を起こしたり 植えなおしたりで
田んぼに入る。

泥に足をとられて 1歩進むにも長靴を抜くのが大変な作業。

死んだカエルが浮いていたり
苗の下にヤモリがいたり
けっこうビビリなぼんたまは
悲鳴をかみ殺して 苗を泥に挿していく。

曇天のもと 静かな気配の田んぼ
必死にやっていたら
腰が痛いのも 膝が痛いのも気づかぬまま
作業は終わった。

きちんとした食べ物をつくるという作業は
ごまかしも 応用もあまりきかなくて
疲れたら空を見上げるだけ。

農家はエライ。
[PR]
by BONTAMA | 2010-05-10 20:45 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

ちょっとずつ動く

●むすびの関係で知り合ったドキュメント映画の監督さんの映画を宝塚まで観に行く。「犬と猫と人間と」。猫が好きだけど 世の中の困った猫たちのために何もできていない まず問題はなんなのだろうと直視しに行った つもり。生まれたての柔らかな猫の赤ちゃんの腹に 打ち込まれていく死の注射。スクリーンに映った映像が 自分の体に衝撃を与える。映画は目をそむけたくなる事実と それを取り巻く人間と動物たちの間のやわらかな関係と たくさんの救いも詰め込まれていて じわじわと考える。

目の前のスゴロクとの生き方を模索すること。
人間関係もそうだけど 目の前の存在と向き合うこと。
これがいつもスタートなのだと また確認する。

●ケルティックハープの演奏会を聴きに行く。
手で抱えられるぐらいの小型のハープからは
オルゴールを深くしたような かわいくて やさしい音がして
やたら心の琴線をも刺激され なんだかウルウル。
疲れてるのかな。

●お泊まりに来た知人と奈良を歩き 京都くびくびカフェを訪ねる。
奈良のGWは今年すごい人! 普通の喫茶店すら行列ができるほどで
店に入れずおにぎりを買って 猿沢の池のほとりで休憩する。

くびくびカフェは 京都大学の有期雇用に対する座り込みテントのことで コーヒーなど提供してカフェの形態になっている。絶品というニボシのクッキー「ニボッキー」はこの日なかったので残念。
デモとかストとか座り込み という根性の入った交渉というものをしたことがないので
京大の前にテント張って 住み込みで座り込んでいるこの方たちって
どんな人なんだろう?って思っていたのだけど
この日いた方は とってもソフトに控えめに でも丁寧に説明をしてくださったり
やはりここでも「ああ フツウの人なんだ」と 肩の力が抜ける。

○ぼちぼちと動きながら 励まされたり 刺激を受けたり 癒されたり
いろんな人が いろんなことをしながら生きているのを見て
自分は自分の心の向くままに
誰とも対等に語り 対立はせずに 暮らしていきたいと思った。
[PR]
by bontama | 2010-05-08 12:51 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)


生き方と自然のつながりを考えるぼんたまの日記
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧