梵玉日記



<   2009年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧


初夏は香り

実山椒のつくだに ちりめん山椒 干しワラビ 甘夏のマーマレード

初夏は保存食づくりの楽しみが けっこうある。

夏に備えて清涼な香りの食べ物ができてくる
春に滋養のある苦みの食べ物が多いように
自然の仕組みには 頭が下がる。


むすびの亡くなったおじさんの遺体に会いに行った。
安らかで すんなりと横たわり
この世への悔いが感じられなかった。
亡くなったとき 何一つ持たずだったらしい。
おじさんらしい死にざまだった。

ただ身元を確認する親族と長年断絶状態だったので
確認する者がなければ なかなか火葬も葬儀もしてもらえない。
おじさんの魂を74年間 包んできた肉体が
ぽっかりと 消えるのを待っていた。
[PR]
by bontama | 2009-05-31 20:58 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(2)

雨あがりのできごと

今日は朝から雨がひどかったのだけど
肌寒いから洋服を着るのもためらわれて(腰が冷えるから) 着物を着て
だけど下駄じゃ足もとが濡れるから ショートブーツを履いて行った。

むすびに到着 雨が上がったので外に出たら
浴衣にベレー帽 下駄姿のおじいちゃんがブーツを指さして「カッコ悪い」「不細工」と文句をいう。
うるさいなぁ 仕方ないじゃん。と 思っていると

おじいちゃん 15分後に2枚歯の下駄をもって帰ってきた。
新品とは言えないけど 一応未使用のかわいい下駄。
今日の着物の色に合わせてくれてるのが粋!
しかも「150円」だったそうで プレゼントではなく きっちりお金を請求してくれるところが
気持ちいい。

そしてサラリと風のように去って行った。とことん粋だなぁ。

釜ヶ崎では ときどきこんな愉快な出来事がある。
[PR]
by bontama | 2009-05-28 20:51 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

ぼんたまへのお便りは以下のフォームから

お便りフォーム
[PR]
by bontama | 2009-05-28 12:09 | お便り | Trackback | Comments(0)

背骨をなおす

むすびの主なメンバーのひとりが月曜に急逝した。
自宅でないドヤで発見されたので変死扱いなのか
検視やら 親族探しなどが難航しているのだろう
遺体はどこかで保管されたまま

肉親でも法的身元引受人でもない仲間は
彼に会うこともできず 葬儀もあげられず
気持ちも整理できないまま宙ぶらりんになっている。

携帯電話とにらめっこしていてもしょうがないから
気分転換
9か月ぶりに 背骨の念力治療を受けに行った。

軽く触れる程度の治療
シュッシュ とか ギリギリという息づかい
背骨に念を送ってもらい ゆがみを修正してもらう。
これを嘘っぽいとは思わずに
目を閉じて身を任せてみる。

甲状腺が調子悪いみたいだと言われる。
首の凝りが少し楽になったような気がする。

身体のメンテナンスは手を抜かずに。
奈良のまちをてくてく散歩してから帰った。
実山椒が出ていたので購入する。
[PR]
by bontama | 2009-05-27 13:22 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

障害者介助研修

研修の2、3日目が週末にかけて行われた。

身体の動かない人をベッドから起こす。車椅子からトイレへの移動を手伝う。
タイミングが悪いので 腰ばかりがメキメキいって 息は切れるし 大変。

ところで 重度障害者の生活や外出の介助をする人を養成するこの研修
同級生は若い人が多いので驚いた。多くは大学生 若い福祉関係者や 会社員も。
20代前半の人がほとんどで たしかに心と体の柔軟性がいるな この仕事は。

どうしても「助ける」「やってあげる」という感覚がぬけない。
その人の手足になるだけの素直さが必要なのだ。

車イス実習では 車イスを押して または押されて 難波に出る。
マルイを散策したり 道頓堀沿いを歩いたり
誰かの助けで外の刺激を受けられる人が増えるといいなと心から思う。

車イスに乗せられているとき 人はそんなにはジロジロ見なかったけれど
年輩者に同情の視線を送る人が多い傾向かな。
「かわいそう」っていう視線で見られるのが 一番きつかった。

なんだかわかったつもりで研修場に戻ったとき
「みなさんは利用者さんの気持ちはわかりませんから」と講師がバッサリ。
そう わからないから デリケートに 率直に 人との距離を保つ努力を
続けなければいけない。

ぼんたまは介護を受ける役をしていたとき なかなか「お茶のませて」って
言えなくて 介護する側にまわったときに自分でグビグビ飲んだりして
甘えるということに抵抗を感じる自分の壁を感じた。
[PR]
by bontama | 2009-05-24 22:43 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

今年は回転がいい

じいっとしているぼんたまにも あれこれ人がやって来てくれて
あれしよう これしよう と話がつながっていく。

きっと止まっているから 動いている人とぶつかるんだね。
自分が動いているときは 止まっている人を巻き込んだりもする。

今さらながら だけど つきあっている人たちは
利害をあまり考えない人たちなんだなあ ということがわかってきた。
得や損を越えて 寄ってくる人 みんな得な人たち。
目先の利益よりも 自分の生き方をしたい人たち。

そうでない人と折り合っていく術も 社会の中では必要なのかもしれないな。


体力不足で 今日も念力治療に行けなかったし 近所にできたカフェにも行けなかった。
パソコン仕事の合間に 猫と昼寝した。
スゴロクが来て1年。ヨチヨチしていたあの子が 今は5キロ近く大きくなって
窓から届くわけもないスズメを狙っているのだから。

そして脅えると攻撃してくる(転嫁行動というらしい)癖も直らず
ぼんたまはいまだに家では警戒を怠らない。

でも猫に罪はなく かわいいったらありゃしない。
a0039320_1802566.jpg

[PR]
by bontama | 2009-05-20 18:00 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

サポートすること

いろいろご縁もあって 重度障害者介護の研修を受けることになった。

むすびや日舞や畑や 好きなことをしているぼんたまが
きちんと社会に組み込まれたいと思っていたとき
絶妙なタイミングで知人が「こんな研修あるよ」と教えてくれた。
しかも知人に今年生まれたこどもが ぼんたまと同じ誕生日。

こういうことは見逃せなくて
見えない「つながり」にほんとに弱くって
はじめての福祉の世界に第一歩を入れた。

障害者 といえば 父も病気で障害者手帳を持っている身だし
親戚に寝たきりの家族を抱える家もあるし
自分だって今日事故で 病気で どうなるかわからない。
重度の障害があっても 自分のスタイルで暮らせるなら
それも家族に迷惑かけて という気兼ねなしなら
そういう人をサポートするお仕事も魅力的だなぁ と思った次第で。

人間は生きてる限り いろんな人に迷惑をかけるし
それは障害のあるなしにかかわらず 迷惑をかけるのだ。
一生懸命生きる人が迷惑をかけたって
たぶんまわりの人は苦にならないだろうし
むしろそれが生活に変化をもたらして 何かを学ぶきっかけになったりして
迷惑 は うれしいものでもあるのだと 思う。

研修第一日目は 講義中心。
知らないことばがたくさん出てきて 脳性まひの人との会話も
一生懸命見つめることが今は精いっぱいで。
ぐったりと疲れてしまった。
[PR]
by bontama | 2009-05-16 22:48 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

新しいことを

同じ世界にいると 見えることが見えなくなったり
常識が非常識だったりすることがわからなかったりするから
ときどき 違う世界の勉強が必要になる。

何かしたいという自分が 兆しを見つけて確信したら
飛び込め のサイン。

新しい世界を知ることはドキドキする。
知らない自分を見つけることはもっとワクワクする。

ぼんたまのサイクルはだいたい5年前後。
またサイクルがめぐってきて
新しいことをしたいなぁ と思い始めて
失敗も無駄も恐れずに 踏み込んでみる。

こうして自分で代謝していかないとね。
最近失敗したり 落ち込むことがなくなった反面
代謝不足で体がギイギイいっていた。

クレマチスも散りはじめた初夏の香り。
[PR]
by bontama | 2009-05-08 20:09 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(2)

からだギシギシ

日舞の会 むすびの展示会・公演 畑 家庭教師 翻訳…もろもろが重なって
ドリンク剤がかかせなかった4月がおわった。

気がつけば 世の中は大型連休とやらで
行楽地・高速道路の大騒ぎの様子がテレビに映し出されている。
かかわりたくないなぁ。そっとしていたい。

近所に素敵なカフェができた。さっそくきららちゃんと訪れる。
カフェがあるとこ 人が来る。 人がゆっくりできる。
ぼんたまのご近所にもうるおいが生まれるかしら。
カプチーノの泡がハート型に流してあるのが 大好きで。

洗たくしっぱなしの浴衣や肌襦袢にようやくアイロンあてて
いただきものの髪飾りをようやく引出しにしまって
あるべきものをあるべきところへ 直していく。
忙しいと あっというまに秩序は乱れて
忙しくても秩序が持てる人になりたいというのに。

それよりも 今は聖徳太子の漫画に没頭したい 怠惰なぼんたま。
[PR]
by bontama | 2009-05-04 10:26 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)


生き方と自然のつながりを考えるぼんたまの日記
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧