梵玉日記



<   2008年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧


大晦日の風景

ソファーを動かすと すごろくが赤ちゃんの時遊んでいた
ペットボトルのフタがごっそり出てきて

台所は全部拭いたら 明るくなった。

いつの間にか汚れている。
心もそうかしら。

いただきもののカステラを切って 休憩するときの
しあわせ感といったら。

友人からしんどい電話がかかってきて
お兄さんが心の病で 暴れて ご両親が殺されそうなほど
自分も遠いところで 経済的にも 精神的にも苦しくて

それでもひとしきり話をすると
少し声がゆるんで「バイバイ」といって 電話が切れた。
カステラのおかげで
こちらも気を取り直した。

案外 ご近所は静かで 大がかりに庭や窓を掃除している人はいないようで
自分も静かに パソコンの中身を掃除している。

暴れ猫も午前中はひとしきり騒いで 落着きを取り戻したようだ。
a0039320_1213458.jpg
 
[PR]
by bontama | 2008-12-31 12:22 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

今年をふりかえってみれば

今日はむすびの大掃除をして 年越しそばを食べて今年の最後をしめくくった。
おじさんたちはひとりで年越しをするわけで
正月休みがうれしいのかどうか わからないけれど。

とりあえず個人の生活に引き籠る。
掃除して 食べて寝て あさやんとすごろくと過ごす年末年始。

今年は何をしたか というと よく思い出せない。
来年は何をするのか というと よくわからない。

だけど 今年出会ってしゃべった人たちは
なんだかずっと付き合っていけるような人たちだったし
気持ちを分け合ったり 元気づけてくれる人と
多く出会ったように思うので
来年には希望を残して 年が越せるような気がする。

自分は死ぬとき何も持って行けないのだとしたら
人の中に宝を残すべきだ。
そうして宝を紡いでいくのだと 心に刻んで。
[PR]
by bontama | 2008-12-29 20:41 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

飼い猫に噛まれた

どうしてこの時期になると とくに戦意喪失してしまうのか
来年の仕込みをしたいと思いながら
ちっとも体が動かない。

先にまわる思考回路が閉じすぎて
明日の段取りさえもできない
ちょっとのんびりしすぎかも。

諦めて 今日はむすびのメンバーで
部屋にひきこもっているおじさんを誘い出して
ランチをすることにした。

ずっと部屋にいると 話題が以前のままなんだなぁ。
1年前の記憶と 現在進行中のことがらは
当然食い違っているわけで。

そのギャップを1%ほど埋めるつもりで会話して
焦らず 急かさず 時間の流れだけには
逆らっちゃいけない。

猫のすごろくが狂暴化して大けがしたり 車をこすってしまったり
なんだか雲行きおかしいですぞ。
こんなときは 大人しくしておくべきかしら。
どちらかというと あれこれ騒がしい心を鎮めたい。

冬の白菜 あまくておいしい。
[PR]
by bontama | 2008-12-25 22:30 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(2)

年末 もの思ふ

奈良の畑も今年度はおしまい。
日舞もきのう稽古納めをして
年内はむすびのことがあと少しなのと
友人たちとのお出かけの日程が楽しみなぐらいである。

悪いニュースが多すぎて
いいことが見えなくなりそうだ。

年末に職や住む場所をなくした人が
頼る場所がありますように。
助け合うことでしか 生き抜けないことを
噛みしめるいいチャンスでもあるのだろうけど
価値観がお金に左右される社会は非情だ。

考えてみれば なにがしあわせなんだろう。
お風呂にはいったときや
贅沢でなくてもおいしいものを食べたり
自然の移ろいを感じたり
横に誰かがいるとき
しあわせって 思うけど。

西成で 人の体臭をかんじることが多々ある。
小便や垢のにおい
人間は有機なんだって はっとする。
自分はただ存在しているものをも 否定してるんだなーと。
まだまだ変わる余地のある自分の価値観に
希望を感じている。

こんなに寒いのに
春に咲く雪柳の枝に 生命を秘めた蕾がいっぱいついていて
とりあえず生きてる間は 生きていこう と思った。
[PR]
by bontama | 2008-12-21 21:51 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

デトックスうっとり

今日はむすびでクリスマスツリーを探していたら
結局倉庫を全部ひっくり返すような大騒ぎ。
ツリーはなかったけれど
ゴミを軽トラ1台分近く捨てて スッキリ。

新世界で行われたブレーカープロジェクト「まちが劇場」の
スタッフの人が 近くの飛田会館で上映されている映像
の最終上映情報を教えにきてくれたので
埃にまみれたまま みにいく。

京都芸大の学生さんらが中心につくった
新世界一帯のひとや風景がアートになって
短編無声映画風に
次々と映し出されていく。

飛田会館の「開かずの間」が掃除され今回の会場になった。
木の階段 木の床 壁も しっくいの天井も
埃に埋まって保存されてきた 時代のにおいが
ものすごいレトロ。すばらしい!

無言の映像に 心地よいトランペットやピアノのゆるやかな伴奏が流れ
そのうち 意識と無意識を彷徨うような 瞑想におちいった。
毒がでていったかのように 体がぐにゃりと力が抜けて
なんとも ええ気持ち~

癒されました。
[PR]
by bontama | 2008-12-19 19:07 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

ひとつひとつ仕事納め

1年の変わり目というのは
うやむやになっていた事柄が 浄化され
気持ちが仕切りなおされる ような気がして
いいシステムだと思う。

今日も今年最後に会う人に
よいお年を と言って別れた。

あれこれあれこれ 手を出して混乱人生のぼんたまは
こうしてひとつずつ 整理がついていくのだった。

今年中に会えなかったから また来年ね。
漠然と「会いましょう」といっていた いい加減な約束も
整理されていく。 気持ちいいな。


冬の飲み物に「柚子茶」をつくった。
柚子を煮込まずに 生のまま皮を刻んで 果汁を搾って
ハチミツや黒糖や砂糖 ショウガを混ぜて
クコの実やナツメも入れて
数週間寝かせたもの。

お湯で割って 喉をいたわる。
風邪ひきたくないもんね。
[PR]
by bontama | 2008-12-18 22:57 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

目を覚ませ

前に1度会ったことがある方が大阪にくるというので
ご希望の釜ヶ崎案内を承って 一緒に歩いた。

大学の先生なのだが つねにクルクルと目が輝いて
やりたいことと やるべきことと その方法をきちんと知っている
すばらしい女性。

前に一度会ったきり ときどきメールをやりとりしただけなのに
ぼんたまのしたいこと やるべきこと その方法を
ぼんたまよりも知っているようだった。

ああいう思考回路がほしいなー

なんせキリキリするのが苦手なんだけど
人生を楽しむためには
夢を描いて ある程度かたちにできたほうがいいのだろう。

あらためて釜ヶ崎の街を人と歩いていると
レトロな建物や 昔のままのおっちゃんたちや
ここには宝物がいっぱいあることがわかる。

開発とか まちづくり の名前で
財産が失われないように願いつつ

自分自身もエンジンあたためておかないとな。
何かが 展開しそうな 予感。
[PR]
by bontama | 2008-12-15 15:09 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

紙芝居ライブ

むすびと他の紙芝居師さんたちとミュージシャンのコラボ。

すごかったぁ。

とくにリハもしていなかったので
どうやって進行すんのやろ と思っていたけど
他の紙芝居師さんたちが さすが上手に
場内アナウンスも 場面転換も つないでいって
感心しっぱなし。

ひきたまさんの歌と音楽もかっこよくて
会場もとってもいいサイズで
お客さんもホットで

笑った笑った。
そんでもって 心があたためられた。

またやりたいなぁ。

詳しくはむすびのブログで→http://musubiproj.exblog.jp/ 
[PR]
by bontama | 2008-12-14 22:58 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

高齢者とつきあう

朝から苛立っていた。

日曜には紙芝居の公演をひかえて
何も準備できていないというのに

煙草を吸って 新聞読んで
いつまでも政治の愚痴なんか言ってる
むすびのおっちゃん。

おーい やることやろぉよ~

大人げなく 年寄りにきつく当たって 反省の午前中。
付き合っているうちに どんどん速く歩いて行ってしまうおじいちゃんたちに
さびしい思いを抱いている気持ちの裏返しなのかもしれない。

高齢者の心と身体に寄り添うということはけっこう修行だ。
待つ ことと 想像する ことと 信じる こと。
そしてそれらをやりすぎないことも。

イライラして お互いのストレスを生むよりも
自分は 自分の範囲を決めて やるだけのことなんだろう。
範囲を決めないと 燃え尽きてしまいそう。

午後からいろいろ人が来たり 動きがあって
ようやく尖った気持ちが 癒されていった。

人にはやさしくしたいな。

せわしなく宅配の車が行き交うような季節になった。
うがいと手洗い忘れずに。
[PR]
by bontama | 2008-12-11 20:12 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(2)

話すのが下手です

今日はなんだか人と話する日だった。

学生さんにインタビューされたり
下見にいった会場のオーナーさん
映像NPOをやっている人たち

質問されるのって楽しい。
最近 自分で自分に問っていなかったから
それで思考が固くなっていたのかもなんて
気づいたりして。

逆に質問することって その人のことに興味を持って
知りたいからするのだろうけど
質問する方は苦手。

まー 人はそれぞれ いろいろあるだろー
などと 広く考えすぎているのが災いしているらしい。

自然と会話がすすんだ瞬間 気持ちがスっとする。
無理に会話をひねりだしたときは 頭が重~くなる。
軽快な心が よい会話を生む。

でも最近はどうも歯切れが悪いぼんたまの思考。
このスキっとしない けだるいアタマ。
[PR]
by bontama | 2008-12-10 22:37 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)


生き方と自然のつながりを考えるぼんたまの日記
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧