梵玉日記



<   2008年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧


甘味三昧

自称・甘味倶楽部例会?の日。

クレープを食べに行く。
クレープとはいっても テーブルについての食事がてらで
苦い現実の話も 甘味で紛れる。

店が流行っているのもあって
ちょっとタカビイな接客と 食事を急がせるムード
けっ

夜の水かけ不動に足を延ばすと
モスグリーンが闇に映えて
酔っぱらいも 真顔で柄杓をにぎる。

抜け出せないような闇でも
毎日を誠実に生きたら
それでいいんじゃないか と。

それよりほかに できることはないし。
[PR]
by bontama | 2008-02-29 23:38 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

久々に法隆寺

オランダ人の夫婦と 法隆寺にでかける。

珍しいほど人が少なくて
空間 と 風が 心をすっきりとさせてくれる。

異国の夫婦は こちらが何を説明するまでもなく
凛とした空気を感じたり
無機質の中に 季節の移ろいを感じたりしていた。

信仰でさえ お金や権力の表現になっているとか
そんな見方もあるけれど

龍や朱雀や観音様の向こうに
超越した自然を知り 恐れた 当時の権力者は
あながち 捨てたものではない。
[PR]
by bontama | 2008-02-28 22:55 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

底冷えの日

久々に パソコンと二人三脚の日。

家にいたら
一緒になにかやりましょう! と うれしいメールが届いた。
雪の美しい風景の写真が同封された うれしい手紙が届いた。
人生のステップアップをした と うれしい電話がかかってきた。

宗教のおばちゃんがやってきた。

「最近生活はいかがですか。お悩みはありませんか?」
冷たい雨の中 玄関先で私の生活を案じてくれるよりも
おばちゃんが家に帰って 昼寝でもしてくれてたほうが
よっぽどうれしい。

悩みのない人生なんて ないだろう。
生々しい現実の当事者にならないで
どうやって 自分でいられるのかと思うし

心配ごとに いちいちビビっていても
できることはできるし できないことはできないのだ。

憤りや ひらきなおりや 頭の中のコリを感じて
熱いお茶を入れて 甘味とともに流し込んだ。
[PR]
by bontama | 2008-02-27 21:01 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

冷たい雨に打たれて
空の色も 川の色も 見ないで歩いていた。

死ぬのに生きる 自然の摂理を考えていた。

歳をとることには 何の意味もないことと
自分が成長して 魂を解放するときまで
自然と調和できることが 受け入れることが
道ってもんじゃあ ないのかなぁ と思ったりしながら。

靴が濡れると さみしい音がして
あとは どうでもよくなって

今日 一日無事に過ごせて
誰かと時間を分かち合えたことに感謝をする。
家であったかくいられることも。
[PR]
by bontama | 2008-02-26 20:15 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

流れていく

いつもより早く家を出て 今日もむすびの営業的な集会にでかける。
種をまく時期 なのかな。

一日 自動ドアから風の吹き込むフロアで
大阪で活動するNPOや社会企業家、行政マンなどの話を聞く。

出店していた 岸和田のNPOから キムチを買って
おまけもいただいたから カバンからキムチをはみだしながら
モーローとしながら

夕方から日舞。
長い長い 曲を習っているので
おぼえも悪い。

でも 疲れたとか 思うこともなく 楽しく稽古して
電車で本に没頭していたら 電車は乗り過ごして終点へ…

ああ 自分はぼぉっとしてるな と 苦笑いで空を見上げたら
大きな丸い月がでていた。

しばし 久々の月光浴をして
駅横のケーキ屋の誘惑に打ち勝って 帰宅。
[PR]
by bontama | 2008-02-23 23:21 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

にわとりとフォールインラブ

むすびの営業で あるおじさんに案内されながら
大阪の山間部をさまよう。

おじさんのログハウスには ニワトリ小屋も。
5か月ぶりに産んだという 卵をGET。
卵をもらう気満々で ケースを持参していたぼんたま。

飼料をまくと うれしそうにつついていて
ああ かわいい。

久びさに 靴に泥をつけて 草むらを歩いて
愉快なこと。
[PR]
by bontama | 2008-02-22 19:19 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

胃液の季節

性格的に落ち着いているともいえるが
パニックに陥るのも 得意で
用事が重なると ワァっとなってしまって
結局何もすすまない なんてことがよくある。

容量が少ないの。

だからどこかが抜けて 謝らなければいけない状況があるとき
気がおも(重)~ 

年度末にはありがちな 気の重さに くらくらしている。

ストレスにも弱い といえる。

こうして 自分の弱さやダメさを知りながら
しかも罪悪感や 引け目を感じないように生きるには
開き直ることと 自分の分(ぶ)を知るしか ないのだろうか。

こんなとき 時間は飛ぶように過ぎる。
太陽が照っているというのに 外でネコさえ見かけない。

のんびり旅に出たい気分。
[PR]
by bontama | 2008-02-20 15:12 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(4)

厳寒のなかの春

家庭教師にいく。
その家も 生徒の部屋のにおいも お母さんの笑顔も
親しみ深く感じるようになった。

何かを教えようとすることは エネルギーを伝播させることでもあり
テンションをあげないと 説得力が生まれないような気がした。

自分が人生の迷子みたいなのに とか下げずに
とにかく知っていることを 出すしかない。

持っているものを出す という点ではどんな人間関係でも
大事なことなんだろう。
人を大事にするひとが たいていパラリと惜しみなく
手放す人だったりすることも 納得できる。

玄関先の球根がこの寒さの中 目に見えて育ち始めた。
ノラネコが発情期を終えた。
今年一番のゴキブリの赤ちゃんを発見した。
昨日は雪さえチラついて 部屋からながめていたけれど
春はしっかり準備ができているんだなぁ。

春は一番寒いと思っているうちに 
もうすっかり息づいているのかと思うと
ちょっとうれしい。
[PR]
by bontama | 2008-02-14 19:47 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(2)

雪の日

ややあって 病院の窓からふわふわ落ちてくる雪をながめていた。

ことばのかわりに雪が舞って
雪が用事に向かう足をとめて
心地よく閉じ込められてしまった。

病院の部屋をひとつひとつのぞくと
配線に身動きとれないおじいさんや
夢の中でもがいているおばあさんや
病室を逃亡しようと 必死に頼んでくるおばあさんや

この人たちの人生はどんなだったんだろう。
今はこんな小さな部屋で 誰も話をきいてくれないけれど。

孤独ってどんなもんなのだろう。
自分がそれをよく知っているのか よく知らないのかさえ
わからない。
[PR]
by bontama | 2008-02-09 23:55 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

急に変わる空

朝はぴかぴかに晴れていたのに
夕方からは空が暗くなって 雨がぱらぱら音をたてて降りだした。

雲行きが急に変わるのは 人生も同じ だなぁ
なんて ため息をついていると

やさしい声で 誰かが心に話しかけてきた
感謝しなさい と。

そば粉入りのホットケーキを焼いて
それで 済んじゃうだけの憂鬱に 拍子抜けして

今日は早く寝よう。
[PR]
by bontama | 2008-02-07 21:57 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)


生き方と自然のつながりを考えるぼんたまの日記
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧