梵玉日記



<   2007年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧


雨ふらし

難産していた書類書きがおわり 郵便局から速達で発送すると
肩から力がすぅ~っと抜けて シアワセな気持ちになった。

打合せを2つ終わらせて 雨がふりそうだから 早めに帰宅。

いつもと違う駅で電車を降りて 
梅とネコに遭遇しそうな路地を選びながら歩く。

梅はけっこうあちこちの庭に咲いていたが
すでに 散りはじめ。 もう花を咲かせる力強さは感じられない。
風が冷たくなっていたので ネコには出会わなかった。

無宗教なぼんたまと仲のいい77歳のシスターが
辺見庸の『いまここに在ることの恥』という本を貸してくれた。

恥 といえば 生きるってことは恥だらけで
恥は自覚されて 恥となるけど
恥を全部自覚することがあれば
恥ずかしくて生きていられないかもしれない。

電車の中 スーパーの中 
人間の所作のきたなさに 恥は自分のものとなってしまう。
とくに歩き煙草が大キライだ。 所作のうつくしい人しか 煙草吸わんといて。

最近 うつくしい という言葉にさえ 思惑を感じてブルーだったら。
[PR]
by bontama | 2007-02-27 23:48 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

生きると死ぬのバースデー

奇しくもお寺のトイレにて「あっ 今日わたしの誕生日だ」 と気がつく。


大阪・アート・カレイドスコープ2007

の展示作品になるむすびのおじさんを引率して 大阪・應典院に来ていた。

アートやNPOとタッグを組み 時代に寄り添っているような應典院は
コンクリ打ちっぱなし ホールを備え ガラス張りのロビーからお墓が見える
お洒落なお寺。

そこでアーティストがイベントに使用する市民の「遺影」を撮影していたのだ。
おじさんたちが わりに早く済んだので ぼんたまも撮ってもらうことに。

かるくメイクしてもらって カメラの前に座ると カメラマンが 
「遺影はあなたが最後に伝えるメッセージです。」 とおっしゃる。
最後に伝えたいものはなんだろう。 えっと えっと 

心に描いたものは言葉ではなかった。丸くてあたたかい 影を帯びたイメージ
だったように思う。

誕生日に遺影を撮ることになっためぐりあわせに
快晴の空と相まって ご機嫌な今日。

遺影の展示は3/1~3/21 應典院にて
[PR]
by bontama | 2007-02-26 18:02 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

1日の充実は

家にこもっていると 自分のごはんをつくって 自分の服を洗って
自分の 自分の な 1日。

たぶん誰かのために 動くことが 一日の充実を決めるんじゃあないかと
ふと 思ったりして じゃ 今日は充実しないのでは と コワくなる。

いばって読書して 昼ねして おやつもしたらいいのにネ。

破れた靴下を繕って 
締め切り2日前の書類を広げようとするが
手につかず 明日から~   ああぁ意志が弱い。

とりあえず明日は朝が早いので お風呂に入って
ちょっとだけ書類をやって
11時すぎから水木しげるのインタビューを観よう。

白い梅の花が 心に咲いて ふわふわと春めく このごろ。
[PR]
by bontama | 2007-02-25 22:12 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

きれいなもの

日舞の稽古に。
習っていた曲が数ヶ月を経て やっと最後までいって これから手直しに入る。
超ゆっくりスピードの踊りは 足にこたえて アイタタ。
けっこうおしとやかな踊りには 筋肉が要る。

ぼんたま家では 連日鍋が続く。
ちゃんこ 水炊き 味噌煮込み コンソメ みぞれ
野菜がいっぱい食べれるのがいい。
キノヴィオさんの 栄養チェックに こんどはいい結果をだせるように。

テレビで障害者プロレスの話題を取り上げていた。
レスラーの人が言っていた。
「障害者っていうと やさしいものやきれいな表現が求められる。
でも自分だって うるさかったり激しいものも好きだ」

闘うひとの目はブレずに 心底愛をたくわえて 
とにかく魅力的だった。 
[PR]
by bontama | 2007-02-24 20:59 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(2)

おじいさんたち

画面に「変な四角」がでてくるんじゃが とノートパソコンを抱えてくる
おじいさんと解決法をさがして

病院をたらい回しにされているおじいさんの行方を追いかけて

一日中 口を開かないおじいさんを盛り上げて

コツコツと頑張っているおじいさんを 励まして

自分のことで精一杯なおじいさんは放っておいて

おじいさんだらけな ぼんたまの本日。
[PR]
by bontama | 2007-02-23 22:15 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

甲羅干し

川べりにいる人は 腕を伸ばして
羽を広げるように 甲羅干ししている 
2月のあたたかい日。

先日 病院のベッドで半ミイラ化していたむすびのおじさんが
今日はしゃきっと起きて 笑顔を散らしながら
しゃべっていたので うれしくて はずむぼんたま。

今日は大阪を少し早く離れて 
ダッシュで家に帰った。

明日が締め切りの書類書きをしながら
モヤシの根をとる。

おなかすいた が 事業の目的 に勝つ時間。

繕われるのを待っている着物が数枚 あるので
夜はゆっくり 針仕事に取り組むのだ。
a0039320_1724247.jpg

[PR]
by bontama | 2007-02-20 17:22 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

アートが生まれる瞬間

むすびの事務所ちかくで 芸術家の森村泰昌さんが撮影をするという。

エキストラとして むすびのおじいさんたちも集められ
わたしも付き添いで今日はカメラテスト。

森村さん ふつうのおじさんのようだけど
動きが 声が なにか華を帯びている。

現場もいい雰囲気で 程よく力の抜けたスタッフの方と
セットがどうや とか 誰かちゃんと仕切らなきゃ とか
心配性のエキストラのおじさんたち。

こんな いろんなやりとりを吸収して
どんな作品が生まれるのだろう。

なにかわからないけど なにかを生み出す瞬間の
ドキドキ感って 恋に似ている と思った。

寒さを忘れて 曇り空のしたで 過ごした午後。
[PR]
by bontama | 2007-02-18 22:21 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(1)

小雨の土曜日

昨日歩きすぎたのか 体が重くて
終わらせたい書類書きがあったのに 午前中は沈没してしまう。
ヤワなカラダ。

お昼ごはんをミカちゃんと食べて 
一緒に 友人の赤ちゃんを見に行く。

泣いたり 眠ったり ゲップさせられたり
赤ちゃんという存在は
王様のようでもあり 人形のようでもあり

人間の初期の姿としては
誰もがこうであったかと思うと おかしい。

家に帰る。日舞の稽古に出かけようとしていると
先ほど別れたミカちゃんが 
奈良の「団子庄」のだんごを買って届けてくれた。
うれしいな~

日舞は踊って しゃべって 遅くなる
いつもの土曜日。
[PR]
by bontama | 2007-02-17 21:14 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

自然(ネイチ)な方に お知らせ

知人の魅力的なイベントの紹介:

2007 2 24(Sat) 東紀州尾鷲 熊野古道ちかくのうつくしいヒノキの森を見て
              材木としての木を考える見学会。
              ⇒ 情報

2007 2 25(Sun) 広島の北のほう 湯来(ゆき)というところでの羽釜でごはん炊き
              &燻製づくり体験 おいしそう~
              ⇒ 情報
[PR]
by bontama | 2007-02-17 11:34 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

あるく 人生

早起きして むすびのおじさんたちと天王寺で待ち合わせ。 四天王寺に朝の散歩にでかけた。

いい天気だけど 風がつめたい。

聖徳太子が建立したという 古いお寺は 広くて 大阪にいるのを忘れるほど
しずかだった。

お堂のひとつひとつを眺めて 手を合わせて
ゆっくり3時間ちかくあるく。

むすびの事務所に戻り 連絡事項などチェックして 
ココルームに移動 シール貼りのお手伝いなどをして 心斎橋へ

ぼんたま ボケてて待ち合わせの場所をまちガエル。
キノヴィオさんのオフィスにて 栄養チェック!
超健康体ではないのが判明。 食生活 ちょっとのことで乱れるからなぁ。

気持ちを入れ替えようと さらに歩く。 JR難波まで歩いて
家に帰る。 途中甘いものでも食べて休憩をしようかと ふと思ったが
とどまれたのは 栄養チェックの成果だろう。
a0039320_11372254.jpg

[PR]
by bontama | 2007-02-16 20:29 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)


生き方と自然のつながりを考えるぼんたまの日記
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧