梵玉日記



<   2006年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧


北風ピープー

午後からつめたい風がふいてくる。

耳元でゴオゴオと音を立てて ゴオゴオの途中で犬の鳴き声が聞こえる。
着物は憐れにもはためいてスパッツ丸出し。 歯をくいしばる。

今年の仕事が終わった。もうちょい残っているやつはすぐにも片付ける。
心の荷をとりあえず置いて いらないものをできるかぎり捨てて
仕切りなおす1年の観念は ひとにやさしい。

家にたまるホコリの量に驚く。
衣料の繊維? 身体の老廃物? 土や砂や排気ガス?
ホコリはやがて丸く固まり 右へ 左へ 彷徨う。
[PR]
by bontama | 2006-12-28 18:18 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

人生論

電車の行き帰り トルストイの「人生論」を読んでみる。

『人間の真の生命とは 空間と時間の中で生ずるものとは異なる』  とな。


生命というものがどんなものか 考えてみる。
生まれる とか 死ぬ とかいう動物的営みを超えているというのだろうか。

生まれていても 生命をもたないひとがいるかもしれないし
死んでいても 生命に満ちたひとがいるかもしれない。

何のために生きるのか。
幸福 ということばを なぜ ためらうのだろう。

うとうと… こうして「人生論」はちっとも読み進まずに ぼんたまの睡眠に変わる。
寝ていても 起きていても 同じ人生 なのだろうか?

考えてばかりのぼんたまの年の暮れ。
山の木々は 葉を落としたものか 新芽を育もうか 悩んでいるように見える。
[PR]
by bontama | 2006-12-27 20:03 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

ようやく一息

忙しかった今週。
忙しかった と言っても 普通の人のふつうかもしれないけど。

19日
生江の紙芝居劇講座へ。
参加者の方たちが エネルギッシュで いつも必死に作品をつくりあげるのが
とっても楽しい。 おじいさんのセリフ 大阪弁でアレンジしたり みんなおもしろいなぁ。

その後 釜ヶ崎で大阪市大の西成プラザ開設祝い 兼 釜ヶ崎再生フォーラムの忘年会に参加。アメリカから来たゲストのお話 ハリウッドという地域と世界をむびつける お金や権力のお話。立食パーティではウトウト(スタミナないねん)。

20日
むすびの大阪医専公演。若い学生さんたち さわやかだなぁ。おじいさんばかり見て過ごしている近頃 ぼんたまは若い人の存在がうれしい。 帰り道 遠くに見えるものにギョっとした。
な 生首? 
a0039320_22542638.jpg


21日
むすびの紙芝居公演は西成の診療所のクリスマス会にて。
こどもが死んで生き返るお話を上演したら 見ていたおばあさんが
「わたしも死にかけたとき 見ましたよ。お花畑がキラキラ光ってね」
あの世にも この世にもある 花。 いや あの世とこの世の境目にあるのか。
花 ってどんな存在なんだろう。

夕方 友人と奈良・郡山で食事。キッシュ・ポークヒレのハーブカツ・パスタ
あああ~ おいしいし ぺちゃくちゃ しゃべって し あ わ せ。
ロウソクの灯りのような やさしい灯りのお店で じんわり疲れをとる。

22日
むすびのクリスマス忘年会。9時に集合して3時からの会に備えておでんをつくる。
ぼんたまも むすびのおじいちゃんたちも 気が早くて
いつも準備が早すぎて 待ち時間が長い。 ショウブンやね。
若い人も来てくれて 假奈代さんがケーキを差し入れしてくれて
おじいちゃんたちもうれしそうで 1年の苦労も成仏していく。
ぼんたまがおばあちゃんになったとき 若い人が遊びに来てくれたらいいなー。

人とごはんを食べて 笑って 呆れて 
人とつくった時間。 あたたかい。
[PR]
by bontama | 2006-12-22 22:43 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

かじかむ

今年最後の畑へ。もう何も残っていない畑へ。

とはいいながらも しぶとく掘り返すと小サツマイモがコロコロっとでてくる。
ニンジンも前回小さすぎると収穫しなかったものの また拾ったりして。

枯れ草を片付けたりして 管理人のおじさんに引き渡す。
これにて 次の春まで畑はお休み。

車を走らせて友人の家に立ち寄る。
もうすぐ赤ちゃんが生まれる彼女の家は
赤ちゃん用品やらで 活気が満ちており
友人とこうして 二人でしづかに語れるのも今のうちだなぁなんて
シミジミする。

子が生まれたら ぼんたまは立派な乳母になってやろう。
慌てて 育児書のオムツ換えやら ミルクの作り方を予習する。
[PR]
by bontama | 2006-12-18 21:58 | 梵玉日記 | Trackback(1) | Comments(0)

なんだか年末

ぼんたまはけっこう大掃除が好きである。

じつはもう1週間ぐらいヒマを見つけては
カーテンを洗ったり 壁を拭いたり 冷蔵庫を分解しては風呂場で洗い
今日はトイレの掃除をした。 便器の後ろのほう こわーい部分も
エイヤっとやったら けっこう平気で。

夕方からの日舞の稽古は今年最後。
ゆるやかに稽古して きららちゃんのお稽古も見学して
みなさんに「よいお年を」のご挨拶して…暮れていく1年。
来年もよろしくね。

母に電話。猫が飼いたくて仕方ない母とぼんたま。
でも生き物の世話の楽しさはもちろん 責任の重さも知っている同親子は
今ペットを飼う気持ちになれていない。
その母が以前から探していたぬいぐるみ。リアルで 亡き ボク ボンテンマル コタマムシ(飼ってたネコの名)の面影を持つそれが見つかったそうなのだ。

機械オンチな母が画像をFAXで送ってきた。
ああ かわいい。ふっくらして くたっとして ネコのかわいさを知っている人が
つくっているネコだ。母はヒマラヤンを購入するらしい。
一緒だと面白くないということで ぼんたまはチンチラゴールドを購入。
なんと誕生日の前渡しとして 母がプレゼントしてくれるという。ラビュー。

頭がネコでいっぱいになって よだれをたらしていたら
お風呂があふれていた。シマッタ!
[PR]
by bontama | 2006-12-16 23:10 | 梵玉日記 | Trackback(1) | Comments(0)

かんじること

今日の午後はイギリスのアーティスト・バロンさんのワークショップでお絵描きタイム。
お絵描きは基本的に楽しい。没頭していると 時間もあっという間に過ぎて。

こどもからおじいちゃんまで 幅広い年齢層のひとたちで
一緒にやるってことも なんだかよかったようだ。

夕方 トークイベントがあるので近鉄百貨店に寄って またココルームに戻ってくる。
デパ地下には 食べ物があふれて 目の血走った人たちがごったがえして
ある種の地獄絵にも見えたし おなかがすいていたぼんたまには 魅惑でもあった。
日舞の師匠へのお歳暮を選んで そそくさと立ち去る。

今日のトークイベントは就労支援の一環なのに 半無職状態のぼんたまの人生を話してくれという。 上田假奈代さんにインタビューされるかたちで こどもの頃から現在にいたる経歴や傾向を話す。

あらためて自分の人生を振り返ると 感性で生きているっていうか
だから具体化に苦労するし いつも何も定まらないけど
ちょっと歳をとった今 自分はそれでいいんだ と思い始めた。

自分が納得していること 自分が決断すること 自分が楽しんでいること
いいかえれば 自分の人生を誰のせいにもしないこと。

ぼんたまの親はよく「えらくなんかならなくていい」って言ったもんだよ。
最近その意味がわかってきた。
有名大学 一流企業 官僚 政治家  いかに権力が腐敗しているか
今頃になって 露出してきて 世間を騒がせて
しかし コツコツとその間 働いてきた真面目な寡黙な ただの人々が
ほんとうは この生活を守ってきてくれたのかもしれない。

などなど 今日はぼんたまがみなさんに相談したような気がして
場を設けていただいたこと はじめましてな人たちとお話できたこと
うれしくて 心が暖まって 寒さを感じずに家へ到着した。
[PR]
by bontama | 2006-12-15 23:29 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

暮れていく

日にちが飛ぶように過ぎていく。

露天風呂で足の指を広げたり
紙芝居講座・参加者の人たちと ろくろ首の登場の仕方で議論したり
イモを揚げたりしている間にも。

雨がシトシト降っている。たぶんいつもと変わらない地球の回転。
なんだか ブルーな年末。

雨が 休めと言っている。
休んだらいいのに。何に気兼ねして?
[PR]
by bontama | 2006-12-13 14:45 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

収穫祭

食べ物をつくるプロジェクト フィナーレ。
小雨降る 畑で最後の収穫は ジャガイモとニンジン。

はじめて来てくれた小学生の女の子とお母さんが土まみれになりながらも
うれしそうだったので ぼんたまもうれしくなり 寒さを忘れる。

公民館の調理場に移動して みんなで調理したり
アオムシを見つけて大騒ぎしたり
大人もこどもも境がなくなって
ワーとか ギャーとか それでも料理は出来上がった。

大豆と小豆のはいった豆ごはん
やみくもに野菜を入れたスープ
ベジタリアンなケーキ

肉とか 添加物に慣れた舌にはまづいと思うかもしれない
健康料理。でもでも やっぱり 自分でつくったものはおいしいのぉ。

a0039320_14374766.jpg
a0039320_14375891.jpg

[PR]
by bontama | 2006-12-09 19:47 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

バロンさんの箱

イギリス人 バロンさんがココルームに来て上田假奈代さんと話をするというので
ヘッポコな通訳兼立会いをする。

バロンさんはまったく非営利で イギリスと日本の間で小箱をやりとりするという
活動をしている。

小箱にはお年寄りやこども 障害者といった人たちが絵やポエムやメッセージを描き
見せていただいた作品はなんともチャーミングだった。

しかし 自分の収入をつぎこんで 延々と絵やメッセージを紙箱に貼り付け
日本とイギリスを行き来しながら 箱を配り歩いているバロンさんたら
なぜ なぜ?

しかし自分の行動だって 言ってみたら それがなんになるの ということがほとんどで
まあ ひとのことは言ってる場合じゃない。

不思議なトークで 気持ちがゆったりしたような 急かしくなったような 午後。
[PR]
by bontama | 2006-12-08 22:32 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

イモドロボウ

奈良の畑を見に行った。
土曜日の収穫祭の下準備だ。

ダイズは鞘(さや)はたくさんつけているものの 実が入っていない。
数粒をかろうじて 収穫。

黒豆は鞘さえつけていない。
豆類は土に栄養素がありすぎると よくないみたい。
管理人のおじさんが 去年の肥料がまだ土に残っているようだ
と教えてくれた。

タヌキとイノシシにやられたサツマイモ。
念のため掘り返してみると ちっこいイモがころっと出てくる。
肩を落としたぼんたまを見て 管理人のおじさんが彼らの育てた
大きなイモを袋いっぱい分けてくれた。 ラビュー。

すべて不作で 自分の怠惰をなげきつつ 枯れたジャガイモの茎の下を掘る。
ごろごろっ と 大きくて皮もまだ薄い新ジャガが登場。
当日 こどもたちと収穫できるから 一度は埋め戻したものの
ホクホク湯気がのぼるさまを想像すると たまらなくなって

さっきのおジャガを掘り返す。ひっひっひ…
さっそくふかしてジャガバターにする。 至福~
[PR]
by bontama | 2006-12-06 20:03 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)


生き方と自然のつながりを考えるぼんたまの日記
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧