梵玉日記



<   2006年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧


自然がうすく感じる

空気が冷たくなってきた。

朝 布団の中は湿度と温度がちょうどよくて
出るのがつらい。

でも 朝の冷たい空気はおいしいから
肺にいっぱい吸い込むのは いいことだと思う。

酔っ払いのオッチャンが 目の前で倒れた。
みんなで血を拭いたり 世話を焼いたら
ココロない人に 叱られた。

酔っ払いが倒れていた。
吐瀉物の横で 眠りこけている。
女の子たちが「キモー」といって通り過ぎた。

へんな時代だ。
病みが蔓延して 自分の中に入ってくる。
何かに 支配されている気がする。
[PR]
by bontama | 2006-11-30 09:01 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

霧の笛の音

夕方なんばに出て鼓楽衆・翔のライブに行く。

電車の中から外を眺める。霧がでている。重い頭を霧が撫ぜてくれるようだ。

翔の演奏は太鼓の振動が大地から伝わり 笛の音が精神を空まで飛ばしてくれる
ピアノが心の琴線に触れる。 何度か ウルウル。
若い男性のユニットだが なんだか懐かしい。素直にまっすぐな音が心地良い。
いつも観衆は ほんとうに楽しそうに演奏する演者を見て 
自分も そうありたいと思う。 

楽しむって 軽い響きのわりには けっこういろいろなものを含んでいるわけで。
[PR]
by bontama | 2006-11-27 22:42 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

空白の1週間

この数日間 空白だったわけではないけど 田舎に帰っていた。

父のお見舞いに。 母の話し相手に。

他に何もしたくなかった。
父と 母に寄り添うほかは。

遠くまで帰ってきても ひきずっている 日本の病み。
心が冷たいし 空気が汚れているよ。

ぼんたまは ボンテンマルとコタマムシという猫がいたときのことを思い出した。
玄関を開けるとニャーと鳴いて 寄ってきたものだ。

記憶の猫を抱きながら ぼんたまも伸びをした。
体が固いし 頭も固い。
深呼吸が必要だと思った。
[PR]
by bontama | 2006-11-26 22:58 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

雨のなか

民族博物館で外国人が集まる研究会があり
NPO活動などに携わる 日本の若者から話を聞きたい
というので 話しに行く。

雨が降り 風が吹き ちょっとずつ体が冷えてきながら 歩く。
駅から博物館まで遠いこと。 雨を踏みながら たくさんの家族連れとすれちがう。
到着しても まだ広い。 2,3人に聞きながら 目指す会場にたどりついた。

押さえた照明の会議室は 広く マイクがそれぞれについた席につく。
椅子やテーブルをガタガタ動かしながら 蛍光灯の照る中ではじめる
私たちの会議と大違いだ。

結局4時間その場にいた。 他の人の発表も聞きながら。
英語と なまった英語と 日本語と 耳を傾けるのは 最近なかったから
頭がぐらぐらしてくる。

しかし何人かの専門家と話をしたり 同じ境遇の人たちと話をしたり
していたら はげまされた。 かたことの言葉の向こうに熱い気持ちが見える。
なぜ 世の中は いいと思うほうへ 素直に行かないのか。

みんな じれていた。

だからこそ 足場は固く 手間をかけてつくらなければ。
その上に やわらかな ぼんやりした 美しいものが乗るだろうから。
[PR]
by bontama | 2006-11-19 20:04 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

一日の過ごし方 悪い例

休日なのに7時に起きて朝食食べた時点で 一日は長いことが予測される。

助成金の申請書を仕上げる。
明日の外国人の研究会でのゲストスピーカーになるべく 英語を復習。
ここで部屋の寒さにちぢみあがって 外に出る。

車でトコトコ はしる。桜井まで行ってしまった。
かわいい雑貨の店「アルボール」に寄る。
しばらく見ていたが あまり物欲がないので(見るのが好き)
最近破れたトトロのスリッパの代わりに スリッパをゲット。

家に帰って 千里中央の行き方を調べて
コーヒーのんで 空を見上げて
着物に着替える。 日舞の稽古に出かける。
例のごとく 師匠と話し込んで 帰る。

帰る。明日の資料何も用意していない。
慌てて PR用のチラシをつくる。
チャングムの再放送が始まる。
ケーキを用意して スタンバイする。

そして日付が変わった。

ハイなのかロウなのか わからなくなって
月は満ちているのか 欠けているのか わからなくなって
お風呂は明日にしようと 意思が弱くなって
もうすぐ眠るのだろう。 夜は布団の中がいい。
夜は マッサージでもしようかと思うほど ゆっくり時間が過ぎるのがいい。
[PR]
by bontama | 2006-11-19 00:37 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

せつない日

最近 周囲の人が がんばってる人が 
磨耗してクタクタになっていたり
諦めそうになりながら こらえようとしている姿ばかりが見える。

もともと そんなものなのか。 今そんな人が増えているのか わからない。
自分だってそうだ。 ギリギリのところでひっかかっているような精神の均衡。
人生って こんなだったかしら。

ぼんたまは久々 わけもなく なみだを流した。
人生のせつなさと だからこその生命の重さに。

生きる とか 死ぬ とかいうことの区別がわからなくなった。
はたして生きてるのは肉体 なのか。
気 というのか 精神(スピリット) というのか
世の中の喜び 悲しみ 怒りに 呼応して駆け巡る存在は
永久にあるかもしれないし ないかもしれない。

庭にでて 草の成長や 枯れて落ちた葉をみて
考えることをやめた。 移ろうのが存在で 存在があることを考えると
ややこしい。
[PR]
by bontama | 2006-11-17 23:11 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(2)

あかりのやさしさ

父の手術が迫って 父とメールしたり 姉と電話したり
合間にむすびの助成金の申請を書いたりしていると
昼食もとらぬまま 2時になろうとしている。

玄関でピンポンと音がして 荷物が届いた。

日ごろお世話になっているひとが
引きこもりやニートの若者に ネットビジネスに関わってもらって
社会とのつながりや 職業訓練になるように開いたWEB上のお店がある。

サイトはこちら

友禅の和紙をクルリと巻いたあかりは この絶妙なあかりの「暗さ」が癒しにつなげる
効果があるそうで そういえば誰かが 寝る前にギンギンの蛍光灯の光よりは
ローソクなどの光などで 体のリズムをゆっくり眠りモードに変えると落ちついていい
みたいなことをいっていた。

あかりの「暗さ」っておもしろい。

a0039320_1433660.jpgコンセント式なので さっそく暗い廊下につけてみた。
うーん いい感じ。
ホントはローソクがいいんだけど 寝る前 火の後始末に気を使って滅多に使わないし。
同ショップでは玄関マット(これも厚みのある素敵な商品)やおいしいピザも扱っておられます。

宣伝しました。
[PR]
by bontama | 2006-11-15 14:04 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

紙芝居講座3回目

紙芝居講座 今日は林加奈さんとご一緒。楽器の演奏から描画 作曲 おもしろい顔つくったり でかい声など パフォーマンスの玉手箱みたいなひとだ。

今日参加しなかった人はもったいないナー と思いつつ
いつも半分ぐらいしか集まらないワークショップを開催。

大人が昼間集まって  
机をトコトコ叩いたり 誰かのおばかなアイデアに みんなニヤリとしながら
紙芝居を劇仕立てにしていく。

うつくしい時間。
夕立がバラバラと大きな音を立てて。

夕方 忘年会でしか会わない通称・3姉妹が集合。
ぼんたまお酒飲めないのに キリンプラザってば。
「あれ~ 去年飲んでなかったっけ」って。オネエサマ!
でも最後にはちゃんとケーキをいただき 今日はいい1日。

メグさんと マチコさん ぼんたまの大好きなおふたり。
柔軟に 人を甘やかさずに癒しながら カラリとやさしくて。
長話のしめくくりは 3姉妹お墨付きのイイ男は姜 尚中ということで。

帰り道 夜のネコ会議に遭遇。あちこちで黒い影が動く。
ぼんたまも30秒ほど会議に出席して
「今日は帰って寝るわ」といって ネコたちを後にした。
[PR]
by bontama | 2006-11-14 23:20 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

コンフューズド

ココルームにイギリスからアートとホームレスをつなぐ活動をしている一行が来た。ミニシンポジウムの中で むすびは紙芝居を披露。 事前に英訳したシナリオを渡していたので みなさんけっこう喜んで見てくれていたみたい。

おじいちゃんたちのがんばる姿は 誰が見てもかわいらしい。
年齢的問題と人数が多いので イギリスには招待されないだろうなぁ。

盛りだくさんの発表の数々 ひとりの通訳さんがフラフラになっていたので
ぼんたま途中ちょっと交代した。 昔 日米草の根交流会の通訳はしたことがあったんだけど
こういう専門的な話は日本語でもついていけない。
「ハロー」とか「サンキュー」とか簡単な対話がいいなあ。

最初は踏ん張った が だんだん脳みその容量がオーバーして
日本の発表者が素晴らしいこといっているのに かなり省略してしまった。
1分ぐらいしゃべったのに ぼんたま通訳がひとことぐらいしか伝えられなかったとき
会場の「もっと言うとったやろ!」とのツッコミモードの殺気を感じた。
ゴメン~

ぼんたまの脳みそは壁が厚くて 容量少ない ことが判明したのら。
[PR]
by bontama | 2006-11-13 23:43 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

うたがきこえた

今日のむすびの紙芝居公演は大阪・西成の公園で。

野外に設置されたステージで行うものの
風が冷たいし 雨が降ってきたり
「さーむーいー!」
むすびの前に出演された 地元のコーラスグループと一緒に
「赤とんぼ」や「ふるさと」を合唱。

凍えた体でボウっとしたので むすびの事務所近くの老人施設で行われた
コンサートを聴きに行く。 社会人5人で結成された弦楽器のサークル。
バイオリンやビオラ チェロの合奏で 童謡を奏でてくれる。
「証城寺の狸囃子」「つき」をまた合唱。
「秋の夜半」「長崎の鐘」「埴生の宿」は知らなかったのでおじいさんたちの
歌うのを聞く。

途中会場をでる。すれ違ったおじさんは いい気分で美空ひばりの歌 
題名は知らないけど「ひとり酒場で飲む酒は~♪」と 口ずさんでいる。
昼間から開いている カラオケ飲み屋からも 歌が聞こえる。

歌が人と時代をつないでいる おじさんたちの時代。
[PR]
by bontama | 2006-11-12 20:18 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)


生き方と自然のつながりを考えるぼんたまの日記
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧