梵玉日記



<   2006年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧


バターつけといてよかった

新しい紙芝居講座が始まった。

10人ほどの参加者の方が 紙芝居上演を目指す。
女性がほとんどで 83歳のおじいちゃんがぽつりと。

今日は自己紹介などで終わる。おじいちゃん ほっといたら3時間でもしゃべる
とのことで なるほど話が終わらない。 
みんなが心配そうに時計を見る中 なんとか時間内に無事終了。

半月がきれいな帰り道。
シルバー人材センターの階段のしたで ネコがこっちを見ている。
近寄ると ネコは逃げる。 でもまた止まってニャオニャオと鳴いている。

暗くなった夕方 人寂しいのはネコも同じなのか。
ぼんたまはカバンをガサゴソ探った。
昼に食べようと思って食べそびれた バターつきパンがあった。
ちぎって転がすと ネコはがっついた。

頭を撫ぜたい衝動に駆られたが ノラに触れるのは掟破りのような気がして
ぐっとこらえる。 ガツガツ 食べてるネコを残して歩き始めた。

半月とネコ。 シスターとママレード。 不思議な今日。不思議な今日ったら。(ぼのぼの風)
[PR]
by bontama | 2006-10-31 18:53 | 梵玉日記 | Trackback(1) | Comments(0)

ゆとりの休日

友人と奈良・葛城方面へ 深呼吸しに。

お洒落で大人な町屋カフェsoraが 小さな でも誇りの感じられる集落の中に。
お客さんもなんだか落ちついてお洒落な大人のひとが多くて
声のトーンを落とさずにいられない。

ベジタリアンなランチプレートをいただく。

そこから 車でちょっと走ったところにある九品寺(くほんじ)。
お地蔵さんが多くて お地蔵さんに囲まれて 不思議な寺。
行基の建立と聞く。

墓と緑のなかを散策する。墓に刻まれた名前をなんとなしに読みながら。
お地蔵さんの前の灯篭のてっぺんに 石製ふくろうが。
何を見張って ここにいるのだろう。かわいい でも きびしい目だ。

それから友人とぼんたまは近くの温泉に行った。
温泉は世のブームのようで こんな静かな町なのに
人であふれていた。

今日は遊んでa0039320_914770.jpg休んだ。 またがんばろう。 
[PR]
by bontama | 2006-10-29 20:00 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

やるときゃやらねば

今日はなんだか頭が冴えて

朝からカシャカシャとパソコンに向かう。
多少ネット上で 彷徨ったものの

助成金申請書の8割がたと
入力仕事と 頼まれていた翻訳を片づけた。

夕方 日舞の稽古へ。

師匠の熱の入った稽古に応える。
足がブルブル。 ふくらはぎが~
そしておしゃべり。今日はきららちゃんがお休みだったので
ふたりぶんのおしゃべり。
師匠の苦労話 でも笑って話せる今は充実しているのだろうな。
やっぱり 自分ががんばってやったことは 
自分を深めてくれると信じて 進むべし。

5時に始まったはずの稽古は 8時半にやっと終わった。
もう正座できないほど足は限界に。 ふぅ~
[PR]
by bontama | 2006-10-28 22:01 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

寝る子=ネコ

昨夜 夕食を食べてビデオを1本観たところで ぐっすりと
眠ってしまった。

目が覚めたのは12時ごろ。

ヨロヨロと寝室に上がり 朝まで熟睡。
なんでこんなに寝るねん。

最近使わない脳みそを使っているのと
昨日はむすびで 掃除がてら重いものを持って右往左往したのと
2つの打合せをしたのと

それだけなのになぁ。

体力が落ちているのには違いないみたい。
どれだけ寝ても罪悪感を感じないネコになりたい。
[PR]
by bontama | 2006-10-28 09:07 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

あたたかい日

少し辛いことが多かった最近。
凍りついた心が溶け出した 一日。

むすびのみんなとリバティおおさかへ。
グッズコーナーで販売していただいている
むすびストラップの入荷に行って 島崎藤村の「破戒」展を観る。
「破戒」が書かれて100年目だそうだ。

藤村の直筆原稿 あんまりきれいな字じゃないなぁ。なぜか ホッ。
当時としてのタブー感はそれなりにあったかもしれないが
部落出身者の葛藤を 美しい文学に取り上げられた時代。
現代の狭苦しさに 喘ぐ。

ココルームで飯島さん 上田假奈代さんと話させてもらう。
むすびの今後は?わたしの身の振り方は?
厳しくも温かい視線で励まされ ここのところウツウツとしていた気分が少し晴れる。

ハラペコで帰って キャベツとイカの塩辛のスパゲティーを作って食べる。
うメェ~ ェェェ~

ご機嫌で久々に実家の母に電話。
電話嫌いのぼんたまが 1時間以上もトーキング。
母はエキセントリックで 面倒見がよく 厳しく温かい(またもや)。
彼女の困ったところばかり目に付いていた昨今だったが
いろいろあって やっぱり人間は「気持ち」よね。と うなづきあい
胸が熱くなって受話器を置く。

あたたまった心を明日の糧に。
[PR]
by bontama | 2006-10-24 22:20 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

やはり温暖化かな

日差しが透き通って 日光が痛い。

むすびの公演について泉大津へ行く。
海が近いだけに 空が明るい。

小さい子供たちと その親たちがお客さんだった今日の公演。
2演目やって 主催者の方もいい感じで おじいさんたちも満足げだった。

久々にみんなで電車移動。
ワイワイと 盛り上がる。

いろんなややこしいことを思い出しかけたが
青い空に飛ばして 目を細めた。

生きていくことは甘くはないが
楽しむことは忘れてはいけないな と。
[PR]
by bontama | 2006-10-22 15:48 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

しんどいの土曜日

紙芝居のワークショップは今日が最後の練習日で
次回が発表となった。

通し稽古をビデオに撮って ダメだし会。

このプロジェクトで初めて出あった人たちと
作品をつくり 台本をつくり 稽古を数回して
ようやく形ができつつある。

あらすじは こうだ。

参加者でもある二人のおじいさんに 同じく参加者のこどもたちが戦争体験を聞きにいく
劇中劇のような紙芝居。

当時 17歳と12歳の少年だったおじいさんたちは
松の根を掘って燃料にしたり 軍隊帰りの先生にしごかれたり
学徒動員で働いたり その中でも仲間と楽しく会話したり。
そんな戦時中の日常は空襲でクライマックスを迎え 終戦―。

こどもだったおじいさんは 燃える岡山城をみて 「きれい…」と思う。
終戦をむかえて一番うれしかったのは 夜電気をつけて本が読めることだった。

現代になって こどもたちが自作の詩を読む。
詩人の上田假奈代さんが憲法9条を朗読する。

リアルで 意外に淡々とした「戦争体験」。
戦争を知らない世代には わかりようのない時代だけど
こうして生きている体験者の存在をとおして
感じられるものはあるかもしれない。

夕方 日舞の稽古に。
今日は振り付けを追うというよりも 首や手のうごき ひとつひとつを
教えていただく。

余計なうごき 体のクセをひとつづつ取り除いて キホンに忠実になったら
きれいな踊りができるのでは とは師匠の持論。
生き方も同じだと思う。 素直に 余分なものを持たずに。 
[PR]
by bontama | 2006-10-21 23:08 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

パッパカ パッパカ

友人の誕生日を祝うべく 心許せる3人で集まった。

阿倍野のSOLVIVAはバイキング形式に変わっていて
里山風 野菜中心の料理が
なかなかよかった。

いばって歳をとっていこう。

夜の駅 改札付近でチラシ配りのお兄さんがいた。
普段はもらったり もらわなかったり 気まぐれだが
お兄さんの醸(かも)しだす 不思議な空気に
つい自ら歩み寄ってチラシをもらう。

馬に乗ってみませんか?

チラシにはそう 書いてあり
美馬が優しげに微笑んでいた。
途端に頭の中で ぼんたまは馬にまたがっていた。
家に帰るまで パッパカパー と颯爽と。
a0039320_22141137.jpg

[PR]
by bontama | 2006-10-19 22:14 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(2)

引力

秋の朝も布団のなかがホカホカして ナンボでも眠れる。

今朝も あと5分 あと…  とやっているうちに
自転車で飛ばさないと間に合わない時間に。

朝はヒヤリとして 昼は汗ばんで 日が暮れるとすぅっと冷たい風が
流れ始める。

今日は思いがけない人たちに出会った。 思いがけない場所で タイミングで。
思いがけない人は 思いがけないメッセージを運んでいるのに違いない。
それは言葉ではなかったが 何かが伝わり 何かを納得したぼんたまだった。
[PR]
by bontama | 2006-10-17 22:27 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

休みの日

庭に蚊がでなくなったので
ようやく夏の野菜を片付けて 秋冬野菜の種をまく。

もうけっこう10月すぎちゃったので 植えられるものも限りがある。
種入れをガサゴソ探して オータムホウレンソウ 赤カブ 白カブ ダイコン 水菜
なんかを バラバラっとまいて 水をかける。

ほとんど花さかジジイみたいに いつもより大胆な種まきとなった。
咲きたくば 咲け。

洗濯する。 夏のパジャマをしまう。
ミナミの帝王をビデオにとって 久々のカレーを仕込む。

合間にむすびの助成金を調べてみる。
んー ホー   で 結局ひとつ応募してみようと思ったのはあったけど
ここで力尽きる。

TOEIC受ける準備しなきゃと思いつつ 身が入らず。

ネットにつながったパソコンは誘惑がいっぱい。
温泉行きたいな~ と思ってついつい あちこち見てまわる。
ええのぉー…

あ~ ダメダメな今日。
[PR]
by bontama | 2006-10-15 17:07 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(2)


生き方と自然のつながりを考えるぼんたまの日記
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧