梵玉日記



<   2006年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧


足が痛いよ

きのう久々に下駄でなくスニーカーを履いたので
靴づれを起こした。

追い討ちをかけるように今朝目が覚めると 足先がズキンと痛んだ。
右足の2本目の指が腫れて激痛がはしる。

病院の問診票に『右足中指が今朝から腫れて痛い』と書きこんだ。
医者が足をひととおり診てから「中指ですか?人差し指では?」と言う。
ああそうか 一番長いから中指と間違えた。
でも足の指なのに「人差し指」はないだろう。

医者は痛いところをグイグイ押して ぼんたまは哀れに
「イテ イテ」と叫んだ。
酒は一滴も飲まないのに 痛風の疑いまでかけられたが
どうやら指の関節が炎症を起こしたらしい。 理由はナゾ。

病院の入口に熱帯ジャングル風のスペース ワニの模型まで置いてあった
その意味もナゾ。(病院の壁にはカバの写真が!)

a0039320_236489.jpg

[PR]
by bontama | 2006-06-30 23:06 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

マシン全開

朝 着物に着替えて 出かけようとしたら
急にカラダがイヤイヤしだした。

外はムっとする空気だよ。
風はないし 光は無遠慮だし。

スルスルと着物を脱いで ダブっとしたTシャツとスカートに替えた。
体が弱っている。

むすびの事務所にいるとココルームから電話がかかってきた。
「チラシ発送作業が今日大詰めなの」
いつもの假奈代さんのやさしい声 だけど きっと目は笑っていない と思った。

おじさんがまず出動 続いて作業を終えて駆けつける。

チラシの山と 動かない箱と 動く人とが シンと静かにうごめいて
その悲惨さにみんなも汗を浮かべながら手を動かしはじめる。
手はスルスルと動くようになる(今日2回目のスルスル)。
マシン化して ふと顔を上げると 拾われてきた男性2人とか
立ち寄った人とか 面接に来た人たちも マシン化していた。

ここの抗いようのないこういった動員力には いつも感心する。
ぼんたまも 弱っていることを忘れ チラシを折りまくり封筒に入れまくり
見せかけの元気を取り戻したのである。
[PR]
by bontama | 2006-06-29 22:42 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

のの字

朝 駅に急いでいると

みちにミミヅが何匹も出ていて
ねぢれたりしながら のたうちまわっていた。

早朝 涼しいときにみちを横切ろうとしたミミヅたちだが
思いがけず熱くなってきたアスファルトに
身を焦がされ 生きながら乾いていっているのだ

とボンタマはそう推測している。

小学生の頃 そんなミミヅたちを救出すべく ひとりで
一匹一匹つまんで 草むらに逃す作業をしていたことがある。

学級会で「おともだちのよいとこ 悪いとこ」というお題が出たとき
級友が わたしの「よいところ」 として ミミヅの救出を発表してくれて
ポリポリと頭をかいた思い出が横切った。
[PR]
by bontama | 2006-06-27 21:50 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

見つめる

友人がお腹にこどもを授かった。

モニターの写真を見せてもらうと
丸いのが 人のカタチを帯びてきて
それが数ミリとか 数センチの世界で繰り広げられている。

名前もない 性別さえ 何も背負っていない人間の姿。
ただの生命 無言で だけど 深い命の説得力を感じさせてくれる。

きっと そのこどもは光や水や体温や鼓動を感じているだろう と思った。
お金とか 世間とか 怒りは きっと まだ知らない。

だれもに そんな時期があったんだなあ。
わたしにも。
[PR]
by bontama | 2006-06-25 15:19 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

コリアンナイト

気がつくと チャングムにはまっていて

寝言で 主題歌をうたうまでになってしまった。

今日はそのチャングムを題材に 韓国料理のお弁当を食べながら
コメンテーターが語り合うという トークショー&ワークショップに参加した。

チジミ チャプチェ キンパブという海苔巻 豆腐のピリ辛炒め

あっさりしていて でも味がしっかりしてて 野菜がいっぱい入っていて
色もきれいな 韓国の料理は 今の気分にぴったりで ココロが浮かぶ。

トークはドラマのあらすじから チャングムの人間関係をたどり
社会のなかの女性の地位 仕事をする人としての生き方に通じていった。

ひと昔まえ 女性の権利 女性が働くとなると 男性のやり方でやろうとしたり
肩に力が入り 不自然な感じになってしまっていたように思う。

たしかに最近は こびることなく あるままを 仕事を通す力に
している人もよく見かける。

自然な姿は 拒みようがないのだから それでいいのだ。
つくった自分では本来の目的は見失われてしまう。
そのままで。

a0039320_12205967.jpg

[PR]
by bontama | 2006-06-23 22:49 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(2)

食と おどろき

ぼんたまは季節の変わり目 ぐったり弱る。
湿度には 特に弱いようだ。

胃腸がすっかり怠けているので 手料理で励ますことにした。

a0039320_11363726.jpg猫の肉球のような庭に(ようするに 小さい)
ナスを植えたのだけど 気がつくとグーンと育って
かたく つややかに 黒のように 紫のように 光っている。

1本しかないので うすく切って 塩でもんで 即席漬け。
パリという触感と トロという触感と 青臭さが好きだ。


買ってきたヒイカという 小ぶりのイカは
なんか皮がズルズルして 鮮度に自信なし。
よーく 洗うことにした。

ひとつだけ 頭がパツパツに張っているコ 発見して
指で探っていると どうやら魚をのみこんでいるらしい。
どうしよう どうしよう。
押しても 押さえつけても でてこない。

しょうがないから ハサミで切開 ジョリジョリ・・・
あっ 鯛のこどものような 小さな魚 でもこのイカにとっては大きすぎますー。
心臓がバクバクして でてきたコを見ると お目目のパッチリした
かわいいコでございました。(写真の左の方に見えるかな)
a0039320_11461986.jpg

[PR]
by bontama | 2006-06-22 19:33 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

無慈悲な空

愛読書・遠藤周作の「沈黙」ではないが

世の中ではひどい事件や戦争がおこって
正直者が踏みつけられたりしていても
天は応えてはくれない。

ぼんたまは神様は信じない。
たった今 自分の心から発せられた感覚が一番確かなものだと
思っているから。

ブルーなとき 青い空やキラキラ光る海の沈黙に悔しい気持ちがする。
なんで なんで。
だけど まわる地球に何を求めたってムダなんだ。
自分に祈ろう。
自分のココロが きれいな風景に励まされますように。

胃痛でへこんだ今日 歩きながら考えた。
(とくにストレスもないんだけどね)
[PR]
by bontama | 2006-06-20 18:18 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

土の重さ

こどもたちと野菜をつくっている畑に
追加のサツマイモを植えに行った。

ひとりで 畑にいることは 寂しいことではなく
虫や草や鳥や風景が いっぺんに話しかけてくるので
むしろ うるさいぐらいで

鍬(くわ)を土に入れると 朝 管理人のおじさんが
たっぷりしみ込ませておいてくれた 水が
重くて からみついて 鍬も長靴も動きを失った。

草が一気に芽吹いている。
今年はちょっとはマメに草引きに来よう と
a0039320_843254.jpg

いつもの ゆるい決心を固める。
[PR]
by bontama | 2006-06-19 21:58 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

富士山を見に

大病をした父の快気祝を兼ねた
家族旅行で箱根めぐり。

姉のこどももいるので 自分たちでは行かないようなコースも新鮮で。
霧の中をゆく 海賊船に乗ったり
サファリのライオンに餌をあげたり
(アーンと口をあけて待っていてカワイイ)

そびえる富士山は空なのか雲なのか 
わからないような青で

湿った緑の中をバスで行きつ戻りつ
すっかり車酔いでフラフラになったぼんたまであったが

水音と木々の緑が印象的なおいしい空気を堪能した。

a0039320_7563261.jpga0039320_7564348.jpg
[PR]
by bontama | 2006-06-18 22:47 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

おしょくじ

【今日の食事】

朝 ミスドのストロベリーリング

昼 精進料理

おやつ スリランカのカレーパン(ロティー)

夜 ミスドのショコラフレンチとホームカット


きのうドーナツを衝動買いしなければよかった…。
[PR]
by bontama | 2006-06-16 20:05 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)


生き方と自然のつながりを考えるぼんたまの日記
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧