梵玉日記



<   2006年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧


ぴりり

知人について京都のNGOにお邪魔した。
パーマカルチャーを利用した農場作りを
世界各地で実践し 日本でも始めているということなので
ぜひ刺激を受けようと 話を聞きに行ったのだ。

若い人たちが 一生懸命かんがえて 先輩方が助言を加える。
先日奈良であった知人たちもそうだったが
社会を良くしたいと 考える人々は 世代を超えて
それぞれにがんばっている。

その姿を見ると自分も何かしたいと思う。
この連鎖がもっと大きくなっていけばいいのに。
[PR]
by bontama | 2006-01-30 21:45 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

つばきあぶら

冬になって髪が静電気でボサボサだし
かかとや肘がカサカサして 乾燥して仕方ない。

お店にクリームやら見に行ったのだが
化学成分の入った商品は得体が知れずなんかコワイ。

そこで前から気になっていた椿油と ついでにツゲの櫛を購入した。
ツゲの櫛といえばコギツネコンコン~の歌で「もみじのかんざし つげのくしー」
というくだりを思い出す。

椿油とはいってもベタつきがなくて オレイン酸85%で肌に限りなく近いと書いてある。
顔にも 髪にも 手にも 磨り込んでみると なんとも自然にしっとりして 艶がでるのだ。

日本固有の椿という植物の油 まさに しっくりくるはずだ。
料理には使えないのかなー?
a0039320_14452174.jpg


椿油は少々お値段がいいけれども 大事に最後まで使えるように 
外国産や不純物が混じっていない 信用のありそうなものを選びたい。
[PR]
by bontama | 2006-01-29 14:47 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

社会的イミの仕事

奈良テレビでいい番組をやっていた。
リサイクルに取り組む小さな事業所を紹介するという内容だ。

住宅建築時にでる木の廃材を利用価値の高い炭にして 鉢をつくったり
廃油で石鹸をつくったり 牛乳パックで名刺やはがきをつくる障害者施設や
産業廃棄物である有機物(おからやおが屑など)を有機肥料に変える とか

たぶん何億円も儲けてはいるようには見えないけれど
それより何より大事な『誇り』で輝いている人たちの顔が素敵だった。
ライブドアの騒ぎとか お金持ちが お金をなくすと 寂しいことになってしまう結果があるなか
価値をもった会社には しんどいとき支えてくれる地域社会があるのではないかと思う。

お金を儲けて成り立つことは前提だけど
そこにイミがあるかどうか 働く人が一番知っていることなんだろう。
[PR]
by bontama | 2006-01-26 19:47 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

冬ダイコン

秋に種まきしたっきり 葉っぱが10センチぐらい伸びて
それからちっとも成長しない庭のダイコンに
シビレをきらして 引っこ抜いてみた。

すると あんらまあ !
ミニチュアだけど ダイコンみたいなのができているではないか。
しかも 引き抜くときに ツン とダイコンの香りが鼻をくすぐった。

かじってみると けっこうピリ辛でございました。
葉っぱも栄養ありそうなので ザクザク刻んで 白菜などと
即席漬けをつくってみました。

*切った野菜(白菜 大根 人参 キュウリなど)に
塩 少量のみりん ダシ(粉末の鰹だしか 切った昆布) 薄口醤油を入れて
ビニール袋に入れて冷蔵庫で漬かるまで保存。急ぐときは袋ごと揉んでください。
a0039320_15495469.jpg

[PR]
by bontama | 2006-01-22 15:51 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

地震体験!

団体で阿倍野にある防災センターに行った。
セットや画面上の設備で災害をバーチャル体験できる施設だ。

震度7などは立っていられない激しさで 芯からコワイ!!と思え
老いも若きも そのすごさに震えてしまった。

消火器の使い方からはじまり
壊れかけた家に入ってタンスの下の人を救助したり
各地域に設置された消化装置で火事の家に放水したり

実際に119番に通報するシュミレーションのため 
公衆電話が並んでいるコーナーもあった。
セットに並んだ 参加者のおじさんたちが一斉に
「女性が胸をおさえて 苦しそうにしています・・・!」「火事です!」
と言っている。思わず うろたえてしまう人もいて
後ろで見ている一同はしづかに笑ってしまった。

いざというとき こんな経験でもあれば ちょっとは落ちついて行動できるかもしれないので
いい体験をしたなあと 思いました。
[PR]
by bontama | 2006-01-21 21:08 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

ヒコウキを見て思った

歩いている自分の上を
100人とかが乗った飛行機が飛んで
歩いている自分の横を
やはり100人ぐらい乗った電車がガタゴトと走っていった。

この間を埋めるのは
時間 経済 思い どれだろう?
a0039320_23342884.jpg
家に帰って 今年は自分で作ってみた干し芋を炙(あぶ)る。
ベランダで寂しく乾いた芋も それなりにおいしくなった。
おととし、志摩で作った干し芋との間には
明らかに日光があった。
[PR]
by bontama | 2006-01-17 23:35 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

朝の光

のどの痛みがなかなか治らないので病院に行った。
いつもは自転車で行くところだけど
今日はゆっくり朝日を浴びながら 歩いていった。

朝の光を浴びることはなんていいことだろう

と 1日を午後から動き出したり
朝早い仕事の日も 余裕なくバタバタ電車に乗り込んでいた最近を振り返る。
朝日は体内時計を正常にしてくれる とか聞いたことがある。

朝の余裕は 体だけじゃなくて 心にも効きそうだ。
悩める夜を過ごした後 朝が来たらパっと忘れて1日頑張れたことは
何度もある。

朝の光 朝の空気。特に冬の冷たい朝の空気は神聖に思えるほど。
布団の中も気持ちいいけど ちょっと早起きしたら
三文の得もあるかもしれないなあ。
a0039320_13152829.jpg

[PR]
by bontama | 2006-01-16 13:19 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

冬のドリンク

とうとう風邪をひいてしまった。
軽い風邪だから うがい・栄養・睡眠で だましだまし治るだろう。

さすがにしんどいときは薬に頼ってしまったが
喉の痛みと咳だけになった今は風邪対応ホットドリンクで乗り切る。

○熱い番茶に梅干しを入れた梅干し番茶
○しょうがをすりおろしてハチミツとお湯で割った生姜湯。
【おばあちゃんの知恵袋】というボンタマが大好きな本で確認すると
まだまだあった。
○大根あめ・・・1cm角に切った大根をひたひたのハチミツに漬けて
大根が浮き上がってきたころ(大根は食べるか捨てるかして)
ハチミツを杯1杯ほど飲むというもの※お湯で薄めてもよい
○にんにく湯・・・にんにくをホイルで焼き すりおろし 味噌と混ぜて
コンロで炙る。香ばしくなったら湯のみにいれ熱湯を注いで飲む

大根あめはおいしそうだからさっそく作っておこう。
a0039320_13472864.jpg

[PR]
by bontama | 2006-01-13 13:47 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

歩くはやさ

最近でかけるときは徒歩を心がけている。
運動不足を解消するためと 歩くスピードを感じるため。

自転車でも気づかなかった 
犬があくびする音とか
凍ってツルっとした橋の感触とか
すれ違ったおじさんの溜息とか
出会うものが多いから 楽しい。

ときどき 歩く早さを変えてみる。
せっかちだから ゆっくり歩くとイラつくけど
それも発見。
[PR]
by bontama | 2006-01-10 13:04 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)

NEW YEAR

年末年始は日記もお休みしていたので まとめ書きしちゃいます

◆大掃除
なんで年に1回やねん。なんで寒いときにわざわざ・・・
と文句ブーブーの大掃除。 でも 今年は気持ちが変わった。
積もったホコリ 誇りのホコリ いいことも 悪いことも
すべて拭い去って 気持ちを改めることの大事さ。
きれいに見えてるようでも あえて拭くことで汚れに気づき
いるもの いらないもの 考える よい機会だった。

◆おせち
かなり即席だけど根性で詰めた。
a0039320_19332165.jpgスーパーも年中無休だし どうせ飽きて食べないかもしれない けど 
意味を追わず 正月の記憶 食べ物への感謝とか ふわっと感じてみた。

◆書初め 
墨を気長に磨(す)るのは 最高に時間の贅沢。
墨のかほりと スリスリという音 艶のある黒色に酔いながら 頭に浮かんだ文字を書いていった。ウーンと考えて痛くなる頭もいいし。
a0039320_1938549.jpg
 気分が乗って写経も。やっぱりたまにやっても ちっとも上達しないので 自分に少しプレッシャーをかけた。
a0039320_19402941.jpg



◆初夢
1月1日から2日にかけて見る夢が初夢なんだって。
ぼんたまは ヤクザの撃ち合いに巻き込まれて 必死になって流れ弾をかわす夢を
見ました・・・

ちなみに 今年の旧正月は1月29日。生活に旧暦のエッセンスを入れることでより季節感に
敏感になれるので 今年も生活に取り入れていこうと思う。旧暦の好きなところは月初めが新月で真ん中が満月 ひと月が終わるにつれて月も欠けていくので 月の姿で日にちの経過がわかること。今年はぼんたま日記でもときどき触れていこう。
[PR]
by bontama | 2006-01-04 20:00 | 梵玉日記 | Trackback | Comments(0)


生き方と自然のつながりを考えるぼんたまの日記
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧